みなさんはTwitterで、1日にどのくらいツイートを投稿しているでしょうか?投稿しない日がある方から、数分に1回はつぶやくといった方まで、その利用頻度は様々ですよね。

Twitterをしばらく起動していなかった、フォローしている人数が多くとてもタイムラインを追い切れないという方だと、フォロワーのツイートが溜まりに溜まってしまうことがあります。それを毎回全てチェックするのは少し面倒ですよね。

しかし、だからといって興味深い投稿を見逃すのも嫌だ、という方のために、「Recap」という新機能が追加されることが発表されました。

ここでは、Twitterの新機能「Recap」について、ご紹介いたします!

現在、対応しているのはiOS版のTwitter公式アプリのみです。Android版アプリにも近いうちに対応するようです。

Recap とは?

概要

「Recap」とは、簡単に言ってしまえば「フォローしている人のツイートのレコメンド機能」となります。時間帯が合っていないと見逃してしまい、タイムラインの中に埋もれがちなツイートを、次のアプリ起動時におすすめのツイートとして紹介してくれる機能です。

これまでもトレンド機能などをリリースしてきたTwitterですが、自分のフォロワーの見逃したツイートを表示してくれるのはうれしいサービスですよね。

注意点

Recapの活用でTLのチェックがより楽になることは間違いないのですが、本当に自分が見逃したくなかったツイートを完全に拾ってくれるかというと、そんなことはありません。

完璧にチェックしたいという方は、やはり自力でタイムラインを遡るしかありません。Recapはあくまで、読み逃してしまったツイートをさらっと確認するツールとして活用するのがよさそうです。

とはいえ、見落としていた話題に素早く目を通せる魅力的な新機能であることは言うまでもありませんね!

使い方

Twitterアプリを開く

Twitterの公式アプリを開くと、TLの最上部に「ご不在中のできごと」というタブが現れます。ここに、追い切れなかったフォロワーのツイートが3つほど表示されます。

Recapを非表示にしたい場合

タブの右上にある「×」をタップすると、「これを非表示にしますか?」というアラートが現れます。「はい」をタップすると、RecapなしのTLが表示されます。

RecapでTwitterを便利に!

情報の取捨選択が叫ばれている時代で、むしろプログラムの方が情報を選択してくれるということですね。もちろん鵜呑みにするのはよくありませんが、そこに引っかかってきた情報を1度拾い上げてみるというのも、見識を広めてくれるきっかけになるかもしれませんよ!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)