自分の手元にある不要なものを簡単に出品できる、フリマアプリ。既に使ってる!という方や、CMやネット広告で見たことがある!という方は多いのではないでしょうか。

簡単に利用できるため幅広い世代から支持されているフリマアプリですが、最近トラブルが頻発していることをご存知でしょうか。

今回は、実際に起きているトラブルを紹介した上で、安全にフリマアプリを活用できる方法を検討してみたいと思います。

フリマアプリとオークションの違い

ネット上での個人間の商品の売り買いというと、真っ先に思いつくのは「ヤフオク」などのオークションサービスではないでしょうか。一見似ているように見えるオークションとフリマですが、実は大きな違いがあります。

フリマアプリの特徴

  • 価格が固定されている
  • ユーザー間で直接お金のやり取りは行わない
  • 出品時間があまりかからない

オークションは、落札者が落札によって価格を吊り上げていくものです。最終的にいくらで購入できるかはわかりません。一方フリマアプリは、出品者が決めた価格で購入することができます。

また、お金のやりとりの際には会社が間に入ってくれることも魅力の1つ。直接やりとりをしないので、トラブルが起こりにくいですね。

出品の手軽さも人気の秘訣です。フリマアプリによっては、販売者の本人確認が不要であったり、販売者手数料がいらなかったりと、画期的なサービスがあるのも一因でしょう。

本当にあった!フリマアプリのトラブル

さて、今まで見てきた理由からフリマアプリが幅広い世代から支持されていることがわかりました。しかし、見ず知らずの相手とのお金のやり取りですから、トラブルはどうしても起きてしまうもの。

ここでは、実際に起きているトラブルを紹介します。今どんなトラブルが起きているのか、早めに知っておきましょう。

商品が届かない・不良品だった

最も多いトラブルは、やはり商品が届かないというものでしょう。お金を振り込んだにも関わらず、商品が届かないという購入者の叫びは、ネット上でもよく聞かれます。

ただしフリマアプリの場合、金銭のやり取りは会社を通して行っているので、商品が届かない場合は取引をキャンセルすることができます。その際、振り込んだお金は返却されることになっています。

また、送られてきた商品が不良品だったというトラブルも多く発生しています。不良品の場合は、取引が完了し相手にお金が振り込まれたあとに気づくこともあり、その場合はお金がとられてしまいます。

送料についてのトラブル

フリマアプリでは、送料についてはそれぞれの商品ページに記載されていますが、これを見落とす購入者が数多くいます。送料の負担が購入者側なのか出品者側なのか、また発送方法についてなどは、事前に商品ページでよく確認しておく必要があります。

送料や発送方法についてよくわからない場合は、あらかじめ出品者に取引メッセージで確認しましょう。

偽ブランドの出品

偽物の商品が出品されていることもあります。偽物で多いものには、芸能人やアイドルなどのサイン・サイン入り商品や、有名ブランドの洋服・バッグ・アクセサリーなどが挙げられます。欲しい・安いからといって、安易に購入するのは避けましょう。

招待コードを利用した詐欺

フリマアプリ「メルカリ」の招待コードに関するトラブルも起きています。メルカリでは、既存ユーザーに「招待コード」が発行され、そのコードを使って知り合いを招待することで、100円がプレゼントされる仕組みになっています。

Twitterなどでは、この仕組みを利用して、ゲームの代行などの対価として「招待コードを入力してのメルカリ新規登録」を求める取引が行われているのだとか。そしてメルカリに新規登録するとアカウントがブロックされ、ゲーム代行をしてくれなかった、というのがこのケースです。

自分の身は自分で守る!トラブルに遭わないためには

ここまで色々なトラブルを紹介してきましたが、実際にはまだまだ様々なトラブルが存在しています。

ということで、ここからはどうすればトラブルを事前に防げるのかを考察していきたいと思います。

1:規約をよく読み込む

まずは利用規約をよく読み込みましょう。規約違反の行動はどういうものなのか、どんな仕組みでアプリは運営しているのかなど、きちんと理解してから利用することをオススメします。

規約には直接取引の禁止や交換を持ちかける行為、値下げ要求の禁止などが書かれています。知らなければやってしまいがちな行為でもあるので、知らずに規約違反を犯していたという人も多いのだとか。「知らなかった」では済まされないので、規約は必ず読むようにしましょう。

2:評価が高いかどうかをチェックする

欲しいアイテムがあったら、どんな人が出品しているのかを確認しましょう。出品者のページをチェックし、これまで出品してきた商品がどういったものか、評価はどうなっているのかを確認します。

欲しい商品であればあるほど冷静さを失い、すぐに取引を始めようとしてしまいがち。ですが、実際にお金を払うわけですから、トラブルに巻き込まれることのないよう落ち着いて行動しましょう。

3:独自ルールに注意する

フリマアプリでは、運営側が設定しているルールとは別に、独自にルールを設定している出品者もいるようです。その例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • いいね!やコメントを付けないと購入禁止
  • 購入意思のないいいね!の不要

こうした独自ルールは、破ったとしてもサービス自体の規約に反することにはなりません。しかし、万が一出品者の独自ルールに反した場合、出品者とのトラブルに発展することがあります。

4:取り置きの希望はしない

フリマアプリでよく見受けられるのが、「商品の取り置き」です。すぐには買えないけれどいつか絶対買うから予約しておくね、というシステムですが、実はユーザー同士で行われているもので、運営は全く関与していません

取り置き機能が正式についているわけではないので、取り置きの交渉が成立したとしても、他の人が購入ボタンを押せば、その新たな購入希望者が購入することになります。こうしたトラブルを防ぐために出品者は、商品説明ページに「この商品は◯◯様の取り置き商品」などと記したり、「◯◯様専用ページ」として新たにページを設定するなどを行っていますが、こうしたとしても完全にトラブルが防げるわけではありません。

ですから、なるべく取り置きはしない方が良いと言えます。余計なトラブルを背負い込みたくないのであれば、スムーズな取引を心がけましょう。

取り置きをしてもらう場合は、先に注文だけ行い支払期限を決めるようにしましょう。

また、商品を購入する際には、その商品がほかのユーザーによって取り置きされているかどうかチェックしましょう。誤って取り置き商品を購入してしまった場合も、トラブルになる可能性があります。

5:SNSで出品者を検索してみる

TwitterなどのSNSで出品者のアカウントについて検索して、調べてみるというのも1つの手かと思います。SNSでは、迷惑ユーザーの情報がまとめられていることがあります。

ただし、悪質な出品者の情報がすべてSNSに載っているわけではありません。またあくまでもネット情報のため、信憑性についてはしっかりと吟味する必要があります。

6:トラブルの多い商品は気をつける

全部が全部危険とは言い切れませんが、ブランドものや芸能人のサインなど希少なものなどは、残念ながらトラブルの原因となるものが目立ちます。

安くて魅力的な商品が多いのも事実ですが、やはり商品が違っていたり、届かなかったりといったトラブルは起こってしまうもの。お金だけとられてしまったら元も子もありません。もし購入する際は、十分気をつけましょう。

もしもトラブルに巻き込まれてしまったら?

色々な対策を練ったのにも関わらず、トラブルに遭ってしまった……そんな場合は、次のような対応策が考えられます。

1:運営に連絡する

トラブルに遭ってしまった場合は、運営に早急に問い合わせしましょう。電話・Eメール・WEBページの問い合わせフォームなどで問い合わせることができます。

取引メッセージ上で嫌がらせを受けた、届いた商品が別のものだったなど、やり取りをしていて少しでもおかしいな、と感じたら運営に問い合わせてみましょう。

その際、どういう経緯でトラブルが起きたのか詳細に記せるように、証拠としてスクリーンショットなどを取っておきましょう。1つ1つの証拠が、あなたの武器となります。

2:消費生活センターに問い合わせる

他に、消費生活センターに問い合わせるという方法もあります。相手が頑として応じず、運営も思うように動いてくれない場合は、思いきって電話をするのも手段の1つです。泣き寝入りをせずに、悪質な行為に立ち向かいましょう。

問い合わせる場合は、相手に消費生活センターに問い合わせる旨を伝えて、相手の反応を見てからにしましょう。上手くいけば、問い合わせる前に丸く収まるかもしれません。

安全にフリマアプリを利用するために

手軽に自分の欲しいものが手に入る、フリマアプリ。せっかく便利なアプリが登場したわけですから、気持ちよく買い物をしたいですよね。

最近起きているトラブルは何か、前もって調べておくことで、未然に防げるトラブルもあるかと思います。今回紹介した以外にも、今後新たな手口の悪質行為が起こる可能性があるので、逐一チェックしましょう!

(image by amanaimages1 2 3 4 5 6)