年末の大掃除、みなさんはどのくらいものを捨てましたか?最近では断捨離ブームで思い切っていろんなモノを捨てた方も多いのではないでしょうか?そんな断捨離の対象になってしまったモノにも持ち主との捨てられない思い出がありますよね。

今回はそんなモノの思い出を投稿する素敵なサービス「Quyo」をご紹介します。

Quyoって?

2014年の12月にはてラボから、捨ててしまったモノの思い出をつづって共有するサービス「Quyo」が発表されました。

Quyoは捨ててしまったモノ・捨てようとしているモノの思い出を写真付きで投稿したり、他人の思い出を見たりするサービスです。死者の霊に供え物などをして,その冥福を祈る供養という言葉が由来だと考えられます。

また投稿されたモノに関しては、Amazonから買い戻すことも可能になっています。

Quyoの使い方

ログイン方法

Quyoのトップページにアクセスし、ログインします。ログインにははてなIDが必要です。持っていない方はこちらからIDを作りましょう。

自分の思い出を投稿する

自分のモノの思い出を投稿する方法を解説します

普通に投稿する

ログイン後、赤枠で囲った「Post Quyo」もしくは「Post Quyo」をクリックしましょう。投稿画面が表れます。

投稿画面があらわれたら思い出を投稿しましょう。以下の項目に入力をしていきます。

赤枠1 タイトル 思い出の品の名前や種類など
赤枠2 本文 モノに関する思い出など
赤枠3 画像 「はてなフォトライフ」から画像を探して添付。アップロードも可能
赤枠4 投稿 「Submit」をクリックし投稿が完了

お題スロットから投稿する

思い出を書きたいけど投稿したいけどネタが思いつかない......なんて方はコチラの機能を利用してみましょう。適当なお題を表示してくれます。

表示されたお題が気に入らなければ赤枠1をクリックしましょう。お題が変更されます。気に入ったお題が出たら赤枠2をクリックしましょう。あとは前項と一緒の手順です。

Requyoで投稿する

人の投稿を見てたら自分も同じテーマで思い出を投稿したい!という方もいるでしょう。そんな時はこの機能を使ってみてください。

他の人の投稿画面の下の方に赤枠の「Requyo」というボタンがあるので押してみましょう。その投稿と同じネタで思い出を書くことができます。その後の操作は「普通に投稿する」と一緒です。

他の人の思い出を見る

他人が投稿したモノの思い出を見る方法を解説します。

ランダムに見る

トップページの中程にある赤枠の「Randam Quyo」をクリックすると、ランダムに他人の投稿を見られます。

いい感じの投稿を見る

前述の「Randam Quyo」より下に「Featured Quyo」というものがあります。ここでは人気の投稿を見られます。

投稿をシェアしたり、ものを買い戻したりする

ここでは投稿をシェアしたり、また投稿内で語られているモノを買い戻したりする方法について解説していきます。

投稿をFacebook、Twitterでシェアする

気に入った投稿や自分の投稿をFacebookやTwitterでシェアできます。Twitterでシェアする場合は赤枠1を、Facebookでシェアする場合は赤枠2をクリックしましょう。

投稿をFavoriteする

投稿が気に入ったことを投稿主に知らせるためには、赤枠3をクリックしてFavoriteしましょう。Favoriteすれば投稿主に通知が届きます。

この機能ははてなidをお持ちの方のみが使えます。

思い出のモノを買い戻す

思い出を読んでいたら懐かしくなって思い出のモノが欲しくなった!という方は赤枠4をクリックしましょう。思い出の商品をAmazonで検索してくれます!

投稿のリンクを取得する

Featured Quyoなどで気に入った投稿のURLを取得したいという方は赤枠5をクリックしてみましょう。その投稿単体のページに飛べます!TwitterやFacebook以外のSNSなどで共有したい方もこちらを使ってください。

Quyoで思い出をつづろう

長く愛用したものにはには必ず思い出があるもの。捨てるのは名残惜しいけどもう使わないということも多いと思います。モノを整理するとき、昔捨ててしまったモノの思い出を思い出したときはQuyoにつづってみてはいかがでしょうか?

(image by Quyo)