「重要な企画プレゼンなのになんだか内容がシマラない」「ビシッと決まるコピーが思いつかない......。」という経験をされた方は多いのではないでしょうか?思いつかないと焦って余計思いつかない、という泥沼にはまってしまうこともありますよね。

今回はそんな事態を避けるためにコピー案を自動で考えてくれる優れもの、「コピーメカ」の使い方を紹介していきます!

使い方

コピーメカの詳しい使い方について見ていきましょう。

コピーメカへのアクセスはコチラをクリック

コピーの素材を入力

まずは何のコピー、コンセプトについて悩んでいるかを1番の枠に書き込みましょう。次にそれに対して消費者がする行動を2番の一覧から選びましょう。

例えばラーメンと記入した場合、行動は食べるになります。

次に3番の枠ではお店や会社の名前、もしくは商品名などの固有名詞を入力しましょう。すべての入力が終わったら「キャッチコピー案を作成する」をクリックして結果が表示されるのを待ちます。

結果を見る

結果は画像のようなコピー/コンセプトの候補が7つ表示されます。1番の部分ではコピー/コンセプトが、その下の2番ではそれについての解説が書かれています。

候補の7つ以外にも表示したい場合はページした部分にある矢印で示した「他のコピーも表示する」でトップページに戻ったあと、再度「キャッチコピー案を作成する」を選んでください。

コピー案はランダムで生成されるため、同じものが再度出てくる可能性もあります。

おわりに

アイデアは思いつかない状態になるとなかなかそこから脱出できませんよね。煮詰まった状況を打開するにはコピーメカはもってこいのツールです。

ぜひコピーメカを使って素晴らしいコピーを考えてみてくださいね!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)