2015年の2月13日より主に企業・店舗向けのサービスであった「LINE@」が個人でも利用できるようになりました。

個人利用の開始でより身近になった「LINE@」。今回はその概要と使い方を説明していきます。

LINE@って?

LINE@とは友だち登録されている友だちに一括で情報を送信することができ、かつ1対1のコミュニケーションも図れるサービスです。通常のLINEとの大きな違いに

  • 一括で情報を配信できる
  • 写真やテキストなどの情報を記載したページを持てる

という点が挙げられます。

情報発信を行う際はLINE@のアプリをダウンロードし、専用のアカウントを作る必要がありますが、情報を受信するもしくはLINE@のアカウントと1対1のコミュニケーションをとる場合だと通常のLINE上で行えます。

通常のLINEでLINE@アカウントから情報を受信する方法

通常のLINEでLINE@アカウントから情報を受信するには、LINE@アカウントをいつものように友だち登録すればOKです。

QRコードもしくはアカウントIDが入手できればそれをもとに友だち登録しましょう。ない場合は、検索で探します。ここでは、検索でLINE@アカウントを探す方法をご説明します。

STEP1:「友だちを追加」メニューに移動する

LINEアプリを開いたら右下の赤枠1「その他」をタップします。その後、赤枠2「友だちを追加」をタップします。友だち追加ページが開けたら、「すべて見る」をタップします。

STEP2:地域を選択する

左上にある「LINE@」をタップします。そうすると地域選択の画面が現れるので、お目当てのアカウントがある地域を選択しましょう。

STEP3:友だち登録する

ここでは関東地方を選択したため「LINE@関東」というページが表示されます。ここから、アカウントを探していきます。

ワード検索でアカウントを探す場合は赤枠の1に関連のあるワードを入力します。現在地に近いアカウントを探す場合は赤枠の2を、ジャンルから探す場合は赤枠の3をそれぞれタップしましょう。

なお、「OK」というマークがついているアカウントとは、LINE上で直接やり取りができます。

お目当てのアカウントが見つかったら、友だち登録をしましょう。これで情報を受信できるようになります。

LINE@アカウントの作り方

情報を受信するだけでなく配信していきたいという個人事業主やブロガーの方は、LINE@のアカウントを作りましょう。ここではLINE@のアカウントの作り方を紹介します。

iPhoneをお使いの方はこちらから、Androidをお使いの方はこちらからダウンロードしましょう。

LINE@のアカウントを作る場合は通常のLINEアカウントが必須になります。

ダウンロードできたらアプリを起動しましょう。アプリを起動したらLINEアカウントとの同期、そして年齢認証の手続きが始まるので、指示に従い進めていきます。

アカウントの同期と年齢認証が終わったらプロフィール入力画面が現れるので、お店もしくは自分の情報を入力しましょう。入力し終わったら赤枠の「アカウントの作成」をタップすれば、アカウントの作成は完了です。

LINE@の基本的な使い方

アカウントが無事に作成できたら、実際に使っていきましょう。ここでは基本的なLINE@の使い方を紹介していきます。

友だち全員にメッセージを送る

メッセージを一斉送信する場合は、管理画面の赤枠1「メッセージ」をタップします。タップすると画像右側のような画面が現れるので赤枠2の「+新規メッセージ作成」をタップしましょう。

青枠で囲った数値は残り送ることのできるメッセージ数を示しています。
メッセージの作成は管理画面だけでなくトーク画面からも行えます。

メッセージ画面が表示されるので、赤枠1でメッセージの編集を行います。送りたいメッセージを入力したら、赤枠2の「完了」をタップします。すると左の画面に戻るので、すぐに送信する場合は赤枠3の「送信」をタップしましょう。これで完了です。

友だちとトークをする

先ほどのメッセージに友だちから返信があった場合、1対1で通常のLINEのようにやりとりすることができます。操作方法は通常のLINEと一緒です。

LINE@では自分の送ったメッセージに返信があった場合のみ、1対1のやりとりが可能です。LINE@アカウント側から個人宛てにメッセージを送ることはできません。

ホームに投稿する

LINE@からは、通常のLINEのタイムラインにももちろん投稿できます。ホーム画面を開いたら赤枠1の「投稿する」をタップすると、右側のような編集画面が表示されます。文章を入力したら赤枠2の「完了」をタップし、完了です。

タイムラインへの投稿はメッセージと違い制限はありません。

アカウントの管理をする

アカウントの管理画面では以下の機能を使うことができます。

  • 設定:画面右側のように通常のLINEと同じ設定
  • 管理者設定:複数でアカウントを管理する場合のメンバー管理
  • 応答モード:自動返答のON/OFFや特定にキーワードが送られてきた際の返信メッセージの設定/編集
  • ホーム設定:タイムライン投稿に関する設定
  • アカウントページ:写真やクーポン、メニューリストなどアカウントに関する情報の設定/編集
  • 統計情報:登録している友達の数とその推移、またタイムライン投稿に関するPV数などの具体的数値の表示
  • 利用状況:追加で購入したメッセージ送信可能数などの購入履歴などの表示
  • お知らせ:LINE@運営からのニュースの閲覧
  • アカウントリスト:使っているアカウント一覧の表示及びアカウントの切り替え

LINE@を有効に使うために役立つ機能ばかりです。積極的に使ってみましょう。

LINE@は新時代の情報発信ツール

全体に情報をオープンに発信し、問い合わせなどにはクローズに対応する。LINE@はありそうでなかったまさに新時代の情報発信ツールです。

通常のLINEとの違いが一見わかりにくく難しそうに見えそうですが、プライベートは通常のLINE・仕事はLINE@と使い分けることができれば、ものすごく便利なツールになり得ます。まずはダウンロードして使ってみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages)
(image by 筆者)