2015年は「SIMロック解除」が義務化されるため、「SIMフリー元年」になると言われています。これを機に、SIMフリー端末への機種変更を考えている人も多いのではないでしょうか?そして、ユーザーだけでなくMVNO(仮想移動体通信事業者)もまた各社さまざまなプランを提供し、「SIMフリー元年」に備えています。

とはいえ「SIMフリー端末にしたいけど、業者が多すぎてどこにしたらいいかわからない」「SIMフリーの話題でよく見るけど、そもそもMVNOってなに?」という人もいるはずです。

ここではそんな素朴な疑問を解決するとともに、各MVNOの提供する格安プランを値段や通信速度といった情報から整理してみます。

「SIMカード」と「MVNO」の基礎知識

SIMカードとは?

「SIMカード」とは、携帯電話やスマートフォンで電話回線を使って通話したり、ネット通信を使うために必要なICカードのことをいいます。従来の「SIMロック端末」ではこのSIMカードを自由に交換することができないため、購入した端末ではdocomoやau、softbankといったひとつのキャリアの電話回線しか利用できませんでした。

ところが「SIMフリー端末」は、SIMカードのサイズと利用通信規格が合えば、どこが発行したSIMカードでも使うことができるんです。つまり、この「SIMフリー端末」を持っていれば、特定のキャリアに縛られることなく好きなキャリアの回線を自由に選択・利用できるということになります。

SIMカードがないフリーの端末は、iPod touchを想像するとわかりやすいかもしれません。iPod touchでは電話回線を使えませんが、Wi-Fiにつなげばインターネットにアクセスすることができますよね。

「MVNO」とは?

そんなSIMフリー端末において、割安なデータ通信手段として使われるのが各「MVNO」の提供するモバイル通信サービスです。

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」の略で、SIMフリー端末やタブレットなどを他社から借りて通信サービスを提供している事業者のことです。このMVNOの提供するSIMは「格安SIM」と呼ばれることが多く、その名のとおり従来のキャリアと比べて月々の通信費用がとても安く設定されています。

しかし一概に「安い」といえど、各MVNOもデータ通信の速度や追加容量オプションの値段、SNSの有無などさまざまな差別化を図っています。MVNOのプランを比較することで、より自分のライフスタイルに合ったSIMカードを選ぶことができるかもしれません。

今までのデータ通信料金はムダが多すぎ?

自分のデータ使用量をチェックしてみよう

MVNOの提供する格安プランには、1ヶ月のデータ通信料を1~2GB程度に設定しているものが多くあります。とはいえ「1ヵ月の通信容量は1GBです」と言われても、何がどのくらいできるかなんて想像しづらいですよね。「1GBってなんとなく少なそうだし、不安」というイメージも抱いてしまえます。

しかし、実際は月間のデータ通信を7GBどころか1GBも使っていないという人が意外と多いんです。毎月払っている通信料と自分の実際のデータ使用量に大きく差があった場合は、SIMフリー端末への変更を考えてみてもいいかもしれませんね。

なお、自分の現在のデータ使用量は、各キャリアのマイページなどで確認できるようです。

では実際のところ、「1GB」のデータ使用量ではどのようなことができるのでしょうか?

「1GB」では何ができる?

1GBのデータ使用量では、ざっと以下のようなことができます。

  • 約5200ページのWebサイト閲覧
  • 約34時間分の動画再生
  • Googleマップで約1800回の地図読み込み

もちろん使用端末や状況などでそれぞれ結果が変わってくるでしょうが、一見頼りなく思える「1GB」という容量でもこれだけのことができるんですね。月間のデータ使用量が2GBの場合は、単純計算でこの2倍のネットサーフィンをすることができます。

SIMフリー端末というとWebやガジェットに強い人が選ぶイメージがありますが、実は「普段から電話やメッセージはアプリでするし、Webもそこまでヘビーユーザーじゃないなあ……」という人にこそおすすめできる制度なのです。

月額1000円以下のMVNO15社を比較してみよう!

ここでは、各MVNOが提供している月額1000円以下のプランを比較してみます。

値段はすべて税別です。
業者名 BIGLOBE 楽天ブロードバンド BICSIM OCNモバイル
プラン名 エントリープラン エントリー2!プラン ミニマムスタートプラン 70MB/日コース
月額 900円 700円 900円 900円
最大通信速度 150Mbps 300Kbps 150Mbps 150Mbps
データ通信量 2GB/月 600MB/月 2GB/月 70MB/日
業者名 b-mobile b-mobile BBexcite BBexcite
プラン名 Iプラン Nプラン 1GB(SIM1枚)プラン 2GB(SIM1枚)プラン
月額 900円 900円 750円 870円
最大通信速度 200Kbps 200Kbps 150Mbps 150Mbps
データ通信量 1.01GB/月 51MB/日 1GB/月 2GB/月
業者名 Umobile Pointy ASAHIネット ASAHIネット
プラン名 U-mobileデータ専用1GBプラン 通話300 LTE1ギガプラン 128kプラン
月額 790円 888円 900円 900円
最大通信速度 150Mbps 300Kbps 150Mbps 128kbps
データ通信量 1GB/月 無制限 約1GB(70MB/日) 無制限
業者名 DTI WirelessGate DMMmobile
プラン名 ServersManSIM LTE 445円プラン データSIMプラン
月額 467円 445円 660円
最大通信速度 250Kbps 250Kbps 150Mbps
データ通信量 非公開 無制限 600MB/月
業者名 mineo IIJmio UQ mobile
プラン名 シングルタイプ1GB ミニマムスタートプラン データ専用プラン
月額 980円 880円 900円
最大通信速度 75Mbps 200Kbps 150Mbps
データ通信量 1GB/月 2GB/月 2GB/月

こうして整理してみると、パッケージ費用としての初期費用はほぼ同じでありながら、容量や通信速度・月額などにそれそれ差があることがわかりますね。

なお、MVNOを使いはじめるときは月額のほかに初期費用も必要になりますが、どのサービスでも初期費用は3000円となっていました。その他、追加容量・高速化のオプションやSMSのありなしなど、サービス面も多様ですので、料金だけでなく機能面も重視して選びたいところです。

カードのタイプも重要です。標準SIM、nanoSIM、microSIMといったカードの形状がありますので、自分のスマホにはどのタイプが使えるのかを調べておきましょう。

なお、ここで整理したのは1000円以下のプランです。もう少し高くてもいいから快適に使いたい、という方は、他のプランも見てみてくださいね。

SIMフリーにチャレンジしてみよう!

海外では既に主流のSIMフリーの波が、日本にもとうとうやってきました。自分にあったプランと料金を自由に選べるこの仕組みは、有効活用すればいままでの何倍もおトクにスマートフォンを使えるチャンスです!

まずは自分が毎月どれくらいのデータ通信を利用しているのか調べてみると、SIMフリーに変えるべきか、変えないままでおくべきかがわかるかもしれません。

『SIMフリー元年』を機に、この新制度の活用法について考えてみたいですね!

(image by amanaimages1 2)