最近はブログで日記を書いている人が多いですよね。日記タイトルはどうやって決めていますか? 

出来ればなるべく人目に付きやすく大勢の人に読んでもらえるようなタイトルをつけたいものですよね。アクセスが増えれば増えるほど、日記を書く意欲が沸きますし、書き甲斐もあるというものです。

そこで、今回はアクセス数を増やすブログタイトルの3つのポイントをお教えします。

ポイント1: キャッチーなタイトルにする

「キャッチー」とは「人の興味、注意を引く傾向がある」「記憶に残りやすい」というような意味があります。タイトルだけで思わず内容を読んでみたくなるような目立つタイトルにするのです。

  • 「ショック!!」

  • 「何故!?」

  • 「キャー!!」など

もちろん本文の内容がそういうタイトルにふさわしい内容の時にしましょう。

ポイント2: 釣りタイトルにする

釣りタイトルとは、読んで字のごとく、思わず興味をひかれ、釣られてしまうようなタイトルのことです。

  • 「見られちゃった!」・・・何を見られたのだろう?とつい釣られてしまう。

  • 「私の初体験」・・・何を初体験したのだろう?とつい釣られてしまう。

期待に添えない内容でもいいのです。それが釣りタイトルなのですから。

ポイント3: 話題のネタや有名人を匂わせる

  • 「エビゾウ・・・」・・・今話題の歌舞伎役者のことかと思ったら「えび雑炊」の内容だった・・・・など。
こういう場合、まだ続きがあるように「・・・」をつけるのがコツです。
  • 「ハマアユ」・・・有名歌手のことかと思ったら「浜で釣れた鮎」の内容だった・・・・など。

おわりに

いかがでしょうか?先に日記の本文を書いて、あとでタイトルを考えると面白いタイトルを思いついたりします。

少し頭をひねって、人目を引き、思わず「読んでみたい」と思わせるタイトルにするのがコツです。多少大袈裟くらいのほうが、興味を引きます。

慣れてくると、まるでコピーライターになったかのようで、タイトルをつけるのが楽しくなって来ます。是非、参考にして頂けたら、幸いです。