今やスマートフォンを使ったコミュニケーションで欠かすことができなくなってきたツール、『スタンプ』。LINEを筆頭に様々なコミュニケーションサービスで使用することができます。もちろんFacebookもその例外ではありません。

今回はFacebookでのスタンプ活用術を3つご紹介します。基本的なものから意外と知られていないものまで、これらをマスターしてコミュニケーションの幅を広げてみましょう。

コメント投稿でスタンプを使う

誰かの投稿に対してコメントする際、文章ではなくスタンプをコメントとして残すことができます。

まずはフィードからコメントしたい投稿を見つけます。コメントしたい投稿を見つけたら画像の1「コメントする」をタップしましょう。そうするとコメント入力画面にうつるので、今度は2の枠で囲った顔の部分をタップします。

するとスタンプ一覧が出てくるので、好きなスタンプをタップしましょう。これでスタンプをコメントとして投稿することができます。

スタンプをタップした時点でコメント投稿されてしまうので注意しましょう。

写真投稿でスタンプを使う

Facebookで写真を投稿する際、投稿する予定の写真にスタンプを貼り付けて加工することができます。

まずはいつも投稿するときと同じように、投稿画面を開きましょう。1の「近況」もしくは「写真」をタップします。投稿画面が表示されるので2のカメラマークをタップします。

カメラマークをタップすると保存されている写真一覧が表示されるので、投稿したい写真を選択しましょう。選択すると画像左側のような写真編集画面が表示されます。ここで3の顔マークをタップします。すると画像右側のような「スタンプを追加」画面が表示されるので、画面下側にある+マークをタップしましょう。

+マークをタップするとスタンプ一覧が表示されるので好きなスタンプをタップします。そうすると画像右側のように写真上に選択したスタンプが表示されるので、ドラッグしてスタンプの位置を変えたり、2本指で大きさや角度を変えたりして加工しましょう。最後に6の「投稿する」をタップし投稿完了となります。

Messengerでスタンプを使う

Messengerでのスタンプの使い道は「メッセージのやり取りでスタンプを使う」と「送信する画像をスタンプで加工する」の2通りあります。あらかじめMessengerアプリをダウンロードしましょう。

Messengerを App Store で

「Messenger」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Messengerをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

itunes.apple.com

Messenger - Google Play の Android アプリ

メッセンジャー —友達とスピーディにメッセージをやりとり。

play.google.com

文章のやりとりでスタンプを使う

まずはMessengerアプリを起動しましょう。起動したら会話したい人を選びましょう。そうすると画像中央のように会話画面が立ち上がります。2の顔マークをタップしましょう。タップするとスタンプ一覧が表示されるので、好きなスタンプをタップして送信完了です。

スタンプをタップした時点で相手に送信されてしまうので注意しましょう。

Stickered

スタンプで加工した写真をMessengerで送るには「Stickered」という別のアプリが必要です。まずはこちらからダウンロードしましょう。

Stickered for Messengerを App Store で

「Stickered for Messenger」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Stickered for Messengerをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

itunes.apple.com

ダウンロードしたらStickeredを起動しましょう。カメラが起動するので加工する画像をカメラで撮る場合は中央にある1のボタンを、保存してある画像を使う場合は2の写真アイコンをタップします。写真を撮影もしくは画像を選択すると画像右側のような加工画面が表示されます。3でしました右上にある+マークをタップしましょう。

+マークをタップすると画像左側のような様々なスタンプのテーマが表示されるので、4で示したよう好きなテーマを選択します。するとそのテーマのスタンプ一覧が表示されるので、加工で使用したいスタンプをタップしましょう。

選択したスタンプが写真上に表示されるので、ドラッグしてスタンプの位置を変えたり、2本指で大きさや角度を変えたりして加工しましょう。加工が完了したら5で示した送信ボタンをタップ、宛先を選んで送信完了です。

スタンプの使い方は無限大

メッセージのやり取り時だけでなく、画像加工にまで応用できるスタンプ。ますますコミュニケーションの幅が広がります。マスターしてお友達と楽しんでみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages)
(image by 筆者)