現在、若い世代が使っている携帯電話といえばスマートフォンが圧倒的多数を占めるのではないでしょうか。好きなアプリが入れられて、自分好みにカスタマイズできるのが、若者に普及した理由ではないかと思われます。

しかし、ここ最近になって第三の勢力、「ガラホ」がネットで話題になってきているようです。「ガラホ」とはなんなのでしょうか?今回は「ガラホ」についての基礎知識をまとめてみました。

まずは確認しておきたい「ガラケー」「スマホ」の違い

ガラホが何かを説明するため、まずは「ガラケー」と「スマホ」の違いから簡単にご説明します。

「ガラケー」って?

「ガラパゴス化した日本の携帯電話」という意味です。日本のメーカーが作り、日本独自の進化を遂げた携帯電話のことをいいます。

その多くは何らかの傑出した能力を持っていました。例えば携帯電話のカメラでデジカメと同じくらいのクオリティの写真が撮れたり、無料でテレビが見れたり…といったような具合です。

しかしそれらの能力は国外に輸出する際には不必要である場合が多く、海外製品とのギャップがあったことから、自嘲の意味も込めて「ガラパゴスケータイ」略して「ガラケー」と呼ばれるようになったようです。

「スマホ」って?

「スマートフォン」が正式名称です。インターネットにワンタッチで接続でき、自分が必要な分だけアプリをダウンロードして内容をカスタマイズできます。大きい液晶画面や、指で画面に直接触れて操作できるタッチパネルが特徴です。

上記の利点が消費者にうけ、若者の間で急速に普及しましたが、常時ネットに接続していることでバッテリーがすぐに減ってしまうこと、端末代や使用料が高いことなどが難点でもあります。

ガラケーとスマホのいいとこ取り?「ガラホ」の特徴とは

では、ガラホとはどういうものなのでしょうか。最近開発された、日本で唯一のガラホである「AQUOS K」を例に考えてみましょう。

「AQUOS K」の特徴としては以下のようなものがあります。

  • キーボード入力
  • AQUOSの強みである高性能のカメラ登載
  • テザリング機能登載
  • ワンセグでのテレビ視聴可能
  • インターネット接続可能
  • LINE使用可能

このように従来のガラケーとスマホの特徴をいくつか混ぜあわせて作られた、特に「見た目はガラケー・中身はスマホ」の製品を「ガラホ」ということができるようです。

「タッチパネルは使いにくそうだからスマホにしたくない…」というだけの理由でガラケーを使い続けている人も多そうでしたが、そういう人には従来のキーボード入力はうれしいものですよね。

使用できるアプリに関しては、LINEと「AQUOS K」に対応したアプリのみなので、スマホと比べて自由さは劣ります。なお、使用料金はインターネット使用料もありスマホと同程度で、ガラケーよりは高めに設定されています。

なぜ「AQUOS K」のようなガラホが作られたの?

ガラケーでのコミニュケーションの不便さを解消するため

KDDIのユーザー調査では、「周りのユーザーがガラケーからスマホに買い換えるとともに、コミニュケーション手段がメールからLINE主体に変化し、人と連絡をとるのが不便になった」という不満を聞くことが多かったようです。

その声に答える形で、「AQUOS K」ではLINEを利用できること、スマホユーザーと同じウェブコンテンツを閲覧できることなどを重視したといいます。

ガラケーを開発し続けるため

スマホが圧倒的多数派になっているように見えますが、実はガラケーからスマホに乗り換えようとしないガラケー愛用者はまだまだたくさんいます。ガラケーの契約数は約6000万、年間の出荷台数は1000万台と、依然として安定したシェアを誇っているのです。

しかし各携帯会社ではガラケーからスマホへのシフトを推し進めており、ガラケーの開発は実質ストップしているような状況です。そのために使っている部品も古く、手に入りにくくなってきているとのこと。

ガラケー愛用者のためにも、「ガラケーを作りにくい状態」を打破し、少しだけ進化したガラケー「ガラホ」を作ったのです。

ガラケーからスマホへの足がかり的な側面も?

ガラホは「ガラケー愛用者のための新しいガラケー」という存在と取ることができますが、「ガラケー愛用者がスマホに移行するための足がかり」という存在ともいえます。

ガラケー向けのサービスは今後終了してしまうものが多く、ガラケーに関する市場は縮小していくとも考えられています。ガラケー愛用者もスマホの使用を考える人が増えるでしょう。しかしガラケーからすぐにスマホに移行するのも不安という人が多いため、その足がかり的な役割を「AQUOS K」が担っていくのでは、という見方があります。

これから増える?ガラホの動向に注目!

AU以外にも、国内ではドコモが今夏にガラホを発売すると発表していますし、国外では「Mozilla」が折りたたみ式、スライド式の携帯端末にFirefox OSを採用した「新たなカテゴリーの携帯電話を開発する」と発表しています。これからガラホを開発するケータイ会社は増えていくかもしれません。

ガラホの発展次第で、これからのケータイの形も変化していくのではないでしょうか。ガラケーがまた来るかもしれませんし完全にスマホに移行するかもしれません。もしくはガラホが定着するかもしれません。今後の動向が楽しみですね。

(image by amanaimages1 2 3 4)