「テザリング」という言葉を知っていますか?

スマートフォンの普及に伴って、よく耳にするようにはなったこの言葉。聞いたことはあるけど、実はよくわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「テザリング」について簡単に解説します。

テザリングってなに?

テザリング(tethering)とは、もともとは英語で「繋ぐ」ということを意味します。

簡単に言うとスマートフォンを使って、パソコンやゲーム機をインターネットに「つなぐ機能」のことです。

この機能を使えば、モバイルルーターのような専用機器がなくても、パソコンやゲーム機などを屋内、屋外を問わず、いつでもどこでもインターネットに接続することができます。

テザリングの種類

スマートフォンで使えるテザリングは以下の3種類です。

  • WiFiテザリング
  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング

それぞれのテザリングについて説明します。

機種によって一部のテザリング機能に対応していない機種もあります。

WiFiテザリング

スマートフォンをパソコンやゲーム機などと「WiFiで接続」して行うテザリングで、3つのテザリングの中でもっとも多くの機種で対応されています。

機器にスマートフォンを直接つなぐ必要がないため、スマートフォンを鞄にしまったままでも使用できたり、複数の機器を同時に接続できるなどといったメリットがあります。

その反面、スマートフォンのバッテリー消費は3つの方法のうちで一番早く、セキュリティの設定によっては自分の機能を他人に利用されてしまうというリスクもあります。

USBテザリング

スマートフォンとパソコンやゲーム機などを「USBケーブルで直接繋いで」行うテザリングです。

3つテザリングのうち通信速度は一番早いのですが、ケーブルで接続したまま使用しなければならない煩わしさと、複数の機器を同時に接続できないといったデメリットもあります。

Bluetoothテザリング

スマートフォンとパソコンやゲーム機などを「Bluetoothで接続して」行うテザリングです。

WiFiテザリングと同じく無線を使用するので、ケーブルにつなぐ必要はありません。WiFiテザリングと比べるとバッテリー消費も少ないですが、一方で通信速度は3つのテザリングの中で一番遅いと言われています。

テザリングの注意点

便利なテザリングですが、使用する際にはいくつか注意が必要です。

バッテリーの消費が早い

テザリング中はスマートフォンに接続された機器も同時に通信するため、スマートフォン単体で通信するより多くのデータをやりとりすることになります。

その処理を行うためにどうしてもバッテリーの消費量が大きくなるので、あらかじめ長時間テザリングすることがわかっている場合には、スマートフォンの充電器やモバイルバッテリーなどの用意をしておくことをおススメします。

データ通信容量制限

スマートフォンは、契約プランにもよりますが月々のデータ通信容量に制限があります。この容量はテザリング時にも適用されるため、接続している機器で動画ダウンロードやOSアップロードなど大量のデータ通信を行うと、この通信容量はすぐに消費されてしまいます。

決められた通信容量を超えると、恐怖の速度制限という制裁が待っています。

通信速度が遅い

テザリング中のスマートフォンの回線は、3G回線やLTEでネットに接続されているため、直接WiFiで接続している場合に比べてどうしても通信速度は遅くなってしまいます。さらに、回線状況では十分な速度がでない場合もあります。

特に動画など大きなデータをやり取りする場合には、気の遠くなるような時間がかかることがあるため、あまりおススメはしません。

テザリングと仲良くなろう

テザリングは特性などを理解して上手に付き合えば、ものすごく便利な機能です。

上記に挙げた注意点などをふまえた上で、テザリングと仲良くつきあっていきましょう!

(image by amanaimages)