今までAndroid端末でしか使えなかったスマホ版Googleカレンダーアプリですが、満を持してiOS版でもリリースされました。

Gmailに送られてくるフライトやコンサート、お店情報に関する予定を自動でカレンダーに反映できる機能や、スケジュールを瞬時に把握できるデザインが魅力的です。予定を作りやすくしてくれる「アシスト」機能なども実装されるようです。

この記事では、iOS版Google カレンダーの基本的な使い方をご説明します。

アプリのダウンロードはこちら

iOS版Googleカレンダーアプリの始め方

STEP1:Googleアカウントにログインする(その1)

アプリを開きます。iPhoneにもともと備わっているカレンダーアプリへのアクセス許可についてのアラートが表示されます。アクセスを許可する場合は「OK」を、しない場合は「許可しない」をタップします。

すでに別のGoogleアプリでログインしているGoogleアカウントがある場合、アカウント一覧が表示されます。ここでは別のGoogleアカウントでログインしたいとし、「別のアカウントを追加」をタップします。

ログインしたいGoogleアカウントのメールアドレスを「メール」欄に入力、パスワードを「パスワード」欄に入力し、「ログイン」をタップします。この際、アカウントを新しく作るには「アカウントを作成」をタップする必要があります。

すでに表示されているアカウントのカレンダーを同期したい場合は、このSTEPは飛ばします。

STEP2:Googleアカウントにログインする(その2)

Googleアカウント右のスイッチアイコンをタップすると、スイッチアイコンが青色になります。ログインしたいGoogleアカウントの右にあるスイッチアイコンを青色にし、画面下部の「開始」をタップします。

「連絡先」へのアクセスについてのアラート表示されます。アクセスを許可する場合は「OK」を、しない場合は「許可しない」をタップします。

通知設定についてのアラートが表示されます。通知を許可する場合は「OK」を、しない場合は「許可しない」をタップします。

STEP3:Google カレンダーを始める

説明が表示されるので、左方向へスワイプします。内容の確認ができたら「OK」をタップします。

Google カレンダーのトップ画面が表示されました。これでGoogle カレンダーを使える状態にできました。次回からは、アプリを起動するとこちらのトップ画面が表示されます。

予定を追加する方法

STEP1:日にちを選ぶ

トップ画面左上の「○月」をタップします。

予定追加したい日にちをタップします。

STEP2:予定内容を編集する

「予定なし。タップして予定を作成。」欄をタップします。

「タイトルを入力」欄をタップします。

予定を編集します。時間や場所、予定の通知日時などを編集できます。

場所を入力すると、自動で地図が表示されます。予定の種類ごとに色を変えると、スケジュールを把握しやすくなりますよ!

STEP3:保存する

画面右上の「保存」をタップします。

カレンダーに予定が追加されました。これで予定追加の完了です。

予定を削除する方法

STEP1:削除する予定を選ぶ

まず削除したい予定部分をタップします。

「鉛筆」アイコンをタップします。

STEP2:削除する

画面下部の「削除」をタップします。

画面下部の「予定を削除」をタップします。

予定を消すことができました。これで予定削除の完了です。

スケジュールがひと目でわかる!

予定が詰まってくるとどうしてもスケジュール管理がしづらくなりますよね。

Google カレンダーでは、複数日の予定を一覧表示できるうえ、予定の時間や場所なども把握しやすい見た目になっているので、予定の抜け漏れなどが起こりにくいですよ。

ここでご紹介したのは基本的な機能だけですが、そのほかにも便利な機能がたくさんありますので、使いこなしてみてくださいね!

(image by 筆者)