スマートフォンの広告などでよく目にするようになった「LTE」

「なんとなく速いらしいのはわかるけど…結局のところ何ぞや?」と思っている人に、「LTE」について簡単にご説明します!

いろいろあるモバイル通信の規格

「LTE」の説明をする前にまず、スマートフォンのCMなどでよく目にする「3G」「4G」という言葉を理解しておきましょう。

これらの言葉はすべてモバイル通信の規格を表しています。

それぞれの規格の意味を知っておけば、おおよその通信速度が判断でき、スマートフォンなどを購入する際にも目安にもなりますので、簡単にご説明します。

そもそも「G」ってどういう意味?

「G」という言葉は、英語の「Generation(世代)」の頭文字です。たとえば、3Gというのは「第3世代」の通信規格という意味になります。

そして今、スマートフォンなどのモバイル端末の爆発的な普及によって主流となっているのが、次世代の高速通信規格である4Gです。

つまりは、「数字+G」の数字が大きいほどスピードが速いとイメージしておけばOKです。

あまり耳慣れないかもしれませんが、かつては1G(第1世代)、2G(第2世代)のモバイル通信規格の時代もありました。ちなみに1Gは、肩から掛けるショルダータイプの携帯電話(!)の時代に使われていた規格です。

LTEってなに?

ではここからが本題です。

「LTE」とは、「Long Term Evolution(長期的な進化)」の頭文字をとった略です。

元々は、これまで主流であった3Gを将来的に登場する4Gにスムーズに移行させるための中間技術という位置付けで、一般的に「3.9G」と呼ばれていました。

しかし、「LTE」を「4G」と呼ぶことが国際電気通信連合(ITU)が公式に認めたため、海外では「LTE=4G」としているところも多く、日本の通信キャリアではソフトバンクが自社のLTEサービスを4Gとして売り出しています。

LTEは3Gからどう進化したものなの?

家庭用のブロードバンド回線と同レベルのポテンシャルを秘めているといわれている「LTE」。

専門的な難しい話はひとまず置いておいて…使用者の実感として、今までの規格から大きく進化した点は以下のようなものがあげられます。

  • 通信速度が速くなった
  • テザリングという機能が使いやすくなった

通信速度が速くなった

1番の違いは、以下の「通信速度が速くなった」ことです。

  • 接続(待ち受けからインターネットにつながるまで)
  • 伝送(データの受け渡し)

キャリアや場所などによって多少異なるものの、以前の規格に比べると3倍近い速さで通信ができるようになったといわれています。つまりスタートダッシュも、最高速度も両方高速化されたスプリンターみたいなものですね。

これによって、容量の大きいアプリや動画などをストレスなくにダウンロードしたり、画像の多いサイトをサクサク閲覧することができるようになりました。

テザリングが使いやすくなった

また、「LTE」ではその通信速度を活かして「テザリング」という機能が使える点にも注目です。

これは、スマートフォンを使って、パソコンやゲーム機をインターネットにつなぐ機能のことです。この機能を使えば、モバイルルーターのような専用機器がなくても、パソコンやゲーム機などを屋内、屋外を問わず、いつでもどこでもインターネットに接続することができます。

LTEの注意点

快適なインターネットライフが送れる「LTE」なのですが、いくつか注意点があります。

  • 3Gに比べて通信エリアが狭い
  • 通信容量制限がある

3Gに比べて通信エリアが狭い

大都市圏ではほぼどこでも「LTE」で通信できるようになりましたが、旅先などでスマートフォンが自動的に3Gに切り替わっているのを見たことがある人もいると思います。

エリア外ではモバイルが自動的に「LTE」と3Gを使い分けてくれるので、通信できないということにはなりませんが、「LTE」のサービスが開始されてから数年が経った今でもまだカバーされていないエリアも多いことも事実です。

通信容量制限がある

「LTE」は、通信キャリアの契約プランにもよりますが月々のデータ通信容量に制限があります。月間の通信量が一定量を超えると、通信速度が制限されて遅くなる恐怖の速度制限という制裁が待っています。

動画ダウンロードやOSのアップロードなど大量のデータ通信を行うと、この通信容量は意外とすぐに消費されてしまいますので、WiFiと併用するなどして上手に使い分けることをおススメします。

LTEで快適なインターネットライフを

「LTE」のおかげで、いつでもどこでも動画が見れたり、外出先アプリをサクサクダウンロードできるようになりました。

通信エリアの拡大や通信の安定など、まだまだ課題は残っていますが、「LTE」は未来に向けて一歩ずつ「長期的な進歩」を続けています!

(image by amanaimages)