管理が大変といえど、ビジネスの場で名刺が増えていくのは避けられません。

最近では、アプリを使って名刺管理をする方も多いようです。名刺の写真を撮ってアプリ内に保存しておけるアプリも人気ですが、名刺自体をアプリ内で作成・交換できるアプリがあることをご存知ですか?

さて、この記事では、デジタル名刺アプリ「Zap(iOS版)」の使い方をご説明します。

アプリのダウンロードはこちら

「Zap」で名刺を相手に渡す方法

STEP1:ログインする

「Linkedin」もしくは「Twitter」をタップします。ここでは例として、「Twitter」をタップします。

あらかじめLinkedinまたはTwitterに登録・ログインしておく必要があります。LinkedInの使い方はこちら、Twitterの使い方はこちらをご参照ください。

STEP2:スワイプして名刺を渡す

自分と名刺を渡す相手それぞれがスマホ端末の「Bluetooth」「位置情報」をONにした状態で「Zap」にログインしている必要があります。

名刺部分を上方向へスワイプします。

名刺情報が相手のアプリに届けば完了です。

名刺情報をSNSやメッセージで共有する方法

画面下部の「SHARE」をタップします。

任意のSNS/メッセージを選んでタップします。ここでは例として、Twitterをタップします。

「投稿」をタップして共有が完了します。

名刺のデザインを変更する方法

名刺をタップします。

画面下部の名刺が並んでいる部分を左右にスワイプすると数種類の名刺フォーマットから好みのデザインのものを選べます。好みの名刺フォーマットをタップし、画面右上の「Save」をタップすると名刺デザインの変更が完了します。

名刺フォーマットは、カメラロールの画像から作ってもOK!

紙の名刺とはもうサヨナラ?

デジタル上で名刺管理の全てを済ませられたら、将来紙の名刺は必要なくなるかもしれません。

紙の名刺ならではの良さもありますが、相手が側にいないときや紙の名刺を切らしてしまったときでも交換できるデジタル名刺、持っておいて損はありませんよ!

(image by 筆者)