2015年3月12日、Twitterの利用規約が改定されました。なんでも、画像に関して厳しくなったのだとか。

では、一体何がどんな風に変わったかをみていきましょう。

人の写真を許可なくのせるとアウト?

改定されたルールでは、下記のようにルールが変更されています。

撮影されている人物の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿することを禁じます。特定の人物に向けた罵倒や嫌がらせも、Twitterルールや利用規約違反となります。
(引用元:Twitterヘルプセンター 嫌がらせ行為に関するポリシー 脅迫と嫌がらせ

つまり、許可をとっていな人の画像や動画をTwitterに投稿しちゃダメですよ。また、自分が撮影者じゃなくても、友達から回ってきたり、ネットで流れている違反画像をリツイートしたり、投稿したりしてはダメですよ、ということですね。

違反するとどうなるの?

2015年3月現在、Twitter社からは規約違反のユーザーに対して下記のような対応をとるそうです。

当該アカウントがTwitterのポリシーに違反している場合はご報告ください。Twitterが調査を実施します。報告対象のアカウントに違反行為が認められた場合、情報が削除されるまで、Twitterによって当該アカウントが一時的に凍結されます。
(引用元:Twitterヘルプセンター 個人情報の保護 違反を報告する

つまり、アカウント凍結、あるいは該当ツイートを削除する流れとなりそうですね。

どんな写真が違反となるの?

盗撮した写真

本人の許可なく撮影した写真をTwitterにあげたらNGです。

許可を得ていない写真

本人に撮影の許可を得ていても、Twitterへの掲載の了承をとっていないときはNGです。

写り込んでしまった写真

メインは別のものを撮影していた後ろに、第三者が写ってしまった場合もNGです。

画像を投稿するときは気をつけよう

今回の規定改正では、悪意のあるなしに関わらず、個人を特定できる範囲で当人の許可なく画像をのせたらNGとなります。

Twitterに載せたい写真があるときは、他の人が写り込んでいないか確認してから投稿しましょう。

当記事に使用している写真はすべて本人の許可を得ています。

(image by amanaimages)
(image by nanapi編集部)