「OneNote」をご存じですか?

「OneNote」は、文字や写真、音声や文書ファイル、WEBで見つけた情報など、あらゆる情報を一つにまとめておくことができるMicrosoft Officeのデジタルノートアプリです。

元々はWindows用に作られたアプリなのですが、現在はiPhone・iPad・Mac・Android・Windows Phoneなど様々なデバイスから利用できるのも特徴です。

そこで今回は、そんな便利な「OneNote」をiPhoneで使う基本的な方法をご紹介します!

「OneNote」をダウンロードしよう

まずは、Appstoreでアプリをダウンロードしましょう。

Microsoft OneNoteを App Store で

「Microsoft OneNote」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Microsoft OneNoteをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

itunes.apple.com
今回はiPhoneでの使用方法のみ紹介しますが、「OneNote」はiOS版、Android版のどちらもリリースされています。

iPhoneでOneNoteを使ってみよう

サインインしよう

  • 1.「サインイン」をタップします。
  • 2.サインイン画面になったら、「Microsoftアカウント」「パスワード」を入力し、「サインイン」をタップします。

これで、「OneNote」を始めることができます。

Microsoftアカウントを持っていない場合は、こちらから簡単に作成することができます。

ノートを開こう

OneNoteは、メモを整理するために、以下の3つの階層から成り立っています。

  • ノートブック
  • セクション
  • ページ

イメージとしては「ノートブック=本」「セクション=章」「ページ=ページ」のようなものですね。メモは「ページ」に書き込むので、以下の手順でページ画面を開きましょう。

  • 1.ノートブックをタップ
  • 2.セクションを選んで、「無題のページ」をタップ
  • 3.ページ上をタップ

これで準備は完了です。

メモを入力しよう

「OneNote」ではテキストメモが書き残せるほか、画面下のマークをタップすることで、以下のような色々な機能を使うことができます。

  • 画像挿入
  • チェックボックス
  • 箇条書き
  • インデント
  • 文字装飾(太字・斜体・下線)

メモをメールで送ろう

「OneNote」のページで作成したメモはPDF化して、メールで送信することができます。

ページ画面の右上にあるマークから「メモをメールで送信」をタップすることで、自動的にメール画面に切り替わります。

PCと同期しよう

PCでも同じMicrosoftアカウントを使用している場合、iPhoneとPCの「OneNote」を同期することができます。同期することで、たとえばPCで作成した表付きのメモをiPhone上で修正するなんてこともできます。

まず、iPhoneのページ画面上の右上のマークから「今すぐ同期」をタップします。

次にPCの「OneNote」を開いてノートブックを右クリックすると、画面下に「同期」マークが出てきます。そちらをタップすれば同期完了です!

OneNoteを活用しよう!

今回ご紹介した基本的なメモ機能のほか、「OneNote」には学校やビジネスなど様々なシーンで使える便利な機能がたくさんあります。

是非、ライフツールの一つとして使ってみてはいかがでしょうか。

(image by 筆者)