2015年3月、Windows版「LINE」アプリがアップデートされ、スマートフォン版で実装されている「ノート・アルバム機能」をWindows版でも利用できるようになりました。

トークで流れてしまわない「ノート」と、画像を保存しておける「アルバム」。どちらも既にスマートフォン版で活用されている方も多いと思います。

今回はこちらの新機能の使い方をご紹介します。

Windows版「LINE」のダウンロードはこちらから:ダウンロード|LINE
「PC」内「Windows」をダウンロードしましょう。

Windows版LINEでノート機能を使う方法

STEP1:「ノート」ボタンをタップし、新規投稿ボタンをタップした後、内容を入力する

トーク画面上部、相手のアイコン右側にあるボタンが「ノート・アルバム」のボタンなので、タップします。すると、メッセージが表示されます。ノートを利用する場合は、「新規投稿」をタップしましょう。

画面上部に相手のアイコンが大きく表示されたら、その下にある入力バーにノートとして残したい内容を入力します。

STEP2:入力し終えたら、「投稿」をタップして完了

入力バーに内容を入力し終えたら、その下にある「投稿」をタップして、完了です。

Windows版LINEでアルバム機能を使う方法

STEP1:「アルバム作成」をタップして、「+」をタップする

ノートを投稿するときと同じように、アルバム画面を表示します。画面中央にある「アルバム作成」の入力バーをタップしましょう。

入力フォームが下に伸びます。その中にある「+」ボタンをタップします。

STEP2:画像を選択し、「投稿」をタップする

画像フォルダが開かれるので、その中からアルバムとして共有したい画像を選択します。

選択したら、入力フォームにある「投稿」をタップしましょう。

STEP3:確認して、完了

アルバム画面に、投稿した画像が表示されます。また、トーク画面に戻ると、アルバムを作成した旨のメッセージが投稿されています。その後は、このメッセージをタップすることで自分も相手もアルバムを閲覧できます。

注意点・便利な点

トーク上に貼られている画像には閲覧期限があり、期限を過ぎるとダウンロードしたり閲覧したりすることができなくなります。しかし、アルバムとして画像を残しておくと、閲覧期限がないので時間が経ってしまった後でも閲覧やダウンロードなどができます。

ノートも同様に、トークだけではメッセージが上に流れてしまうので、流されずに保存しておいてくれるという点が便利ですよ!

スマートフォン版では、トーク上にある画像を直接アルバムに追加することが可能ですが、Windows版ではできません。一回ダウンロードしてから、アルバムに追加しましょう。

(image by 筆者)