はじめに

Windows7が出たとはいえ、未だにXPなどを使っている方も多いのでは無いでしょうか。今回は昔に比べて遅くなったPCが少しでも早くなる方法をご説明いたします。

ポイント1:余計な機能は使わない

XPなら昔のような表示方法に直すことによって、余計な表示が減り、スムーズに動きます。また、少しさみしいですが壁紙をなくすのも効果アリです。
方法はデスクトップ(最初の画面)で右クリック→プロパティ→テーマをWindowsクラシックを選ぶ→OKです。

ポイント2:クリーンアップ、デフラグをする

使わないものがいつの間に部屋に貯まっていくように、パソコンを使っているうちに余計なファイルが溜まっていくものです。そこでアクセサリの中にあるクリーンアップやデフラグを使ってパソコンの中を掃除しましょう。
クリーンアップは通常の掃除、デフラグは大掃除のようなイメージで使うとよいでしょう。
方法はスタートメニュー→アクセサリ→システムツール→ディスククリーンアップ・ディスクデフラグです。

ポイント3:フリーソフトでもっと消す

CCleanerというフリーソフトを使うことで、素人には消しづらい部分のいらないファイルを掃除しれくれます。無料ですので、ダウンロードして使ってみるとよいでしょう(フリーソフト使用での損害被害は自己責任なので気をつけましょう)。

ポイント4:Windowsの再インストールをする

あまりにも遅くてイライラするのであれば、買った当時に設定を直すという選択肢もあります。買った当時のようにスッキリ快適に動きます。
しかし、再インストールする前に入っていたデータはすべてなくなります。またインターネットやメールの設定もし直しとなります。
実行する前には必ずUSBメモリなどに必要なデータを移動する、登録内容などをメモしておき、再現できるようにしておきましょう。

おわりに

ここにあげたのは一部の方法です。調べてみるといろいろな方法がありますので、色々試してみるのもいいでしょう。