「ブラウザ」という言葉、日常的にパソコンやスマホを触っている人なら一度は聞いたことありますよね。

言葉の意味を知らない方の中には、「正直、知らなくても何も問題はないから放っておいている」なんて方もいるのではないでしょうか?そういった疑問を解消すると、パソコンのことをもっと知りたくなってきますよ!

ブラウザとは?

ブラウザとはずばり、インターネットをするためのソフトのことです。今まさに、この記事を読むために起動しているソフトを指します。

本来は情報閲覧のためのソフト全般を「ブラウザ」と言いますが、インターネットを閲覧するブラウザ=「Webブラウザ」が一般的なため、単に「ブラウザ」というときは「Webブラウザ」を指していると考えて構いません。

パソコンでもスマートフォンでも、インターネットを見るソフトは「ブラウザ」といいます。

代表的なブラウザ

  • Internet Explorer
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari
  • Sleipnir

などです。それぞれ特徴があり、仕様も多岐にわたります。

お使いのパソコンがWindowsでしたら、Internet Explorerは標準でインストールされています。Macの場合は、Safariが標準でインストールされています。

たしかに、ブラウザという言葉の意味を知らずとも、インターネットは問題なく使えてしまいますね。しかし実は日々検索に使っていたこのソフトこそが、ブラウザだったのです!

それぞれ何が違うの?

各ブラウザソフトにはそれぞれ特徴があります。たとえば拡張機能をプラスして使いかたをカスタマイズできたり、デザインを変更できたり…。

パソコンやスマホの使いかたに慣れたら、快適なネットサーフィンのために、自分にあったブラウザを探してみましょう!

ためしに他のブラウザも使ってみよう!

パソコンやスマートフォンを購入以来、Internet ExplorerやSafariしか使ったことがない!という方は、ためしに他のブラウザもインストールして使ってみてはいかがでしょうか?自分に合った操作性のものが見つかるかもしれません。

パソコンとスマホで使いやすいブラウザは違うこともあると思うので、ぜひいろいろと使ってみてください。

(image by amanaimages)