Googleが提供するインターネット上のクラウドにメモを残すサービス「Google Keep」に、保存した画像上に書かれている文字をスキャンし、テキストに書き起こしてくれる新機能が付きました。

同様のクラウドメモサービス「Evernote」も一足先にスキャンアプリ「Scannable」を発表し、Google Keepでも同様の機能が熱望されていました。

今回はGoogle Keepで画像に書かれた文字をテキストとして書き起こす方法を解説します。

Google Keepについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック。「Googleドライブ」でファイルの形式を指定してダウンロードする方法 | nanapi [ナナピ]

Google Keepで画像上の文字をテキストにする方法

STEP1:テキストに書き起こしたい画像メモを選択する

Google Keepを起動したら上の画像のような画面が表示されるので、テキストに書き起こしたい画像メモをクリックして選択しましょう。

STEP2:オプションメニューを表示させる

画像メモを選択すると選択したメモが拡大表示されます。2で示した部分をクリックしてオプションメニューを表示させましょう

STEP3:文字をテキストに書き起こす

オプションメニューが画像のように表示されるので、3で示した「画像テキストを抽出」をクリックしましょう。これでテキストに書き起こしてくれます。

STEP4:書き起こされたテキストを確認する

書き起こされたテキストは4で示した画像の下で確認できます。100%正確ではないので、間違っていたら手動で訂正しましょう。

2015年4月16日現在、日本語は書き起こし対象外のようです。

スクショメモや名刺管理はこれで一括

現在の技術として100%正確に文字を読み取ることはできませんが、このスキャン機能を使えば、写真フォルダに散らばったスクショメモや、名刺など一括で管理することができます。Google Keepユーザーはこれを機に画像メモを整理してみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages)
(image by 筆者)