行き帰り問わず電車で座れたのはいいものの、降りなければいけない駅を寝過ごしてしまったことはありませんか?疲れが溜まっていようがいまいが、電車の単調なリズムは眠気を誘いますよね。

目的の駅に着いたら誰か起こしてくれないか、と考えたことのある人は多いと思います。

そこでここでは、眠ってよく電車を乗り過ごしてしまう方のために、iPhoneでできる乗り過ごし防止法をご紹介します!

iPhoneアプリを使う

駅着いったー

無料で配信されているこのアプリ、使い勝手がとても良いことが特徴です。

このジャンルのアプリは数多く配信されていますが、ほとんどが時間を割り出してその時間でアラームを起動する、というものです。しかし、この「駅着いったー」はGPSを利用して、自分がその場所に近づいたらアラームで起こしてくれるのです。

時間でアラームをかけると、少しの誤差や遅延などで早くなってしまったり遅すぎてしまったりすることがあります。その心配がこのアプリにはありません。

使い方も駅名を登録しておくだけなので、とても便利ですよ!

駅着いったーのダウンロードはこちらから!

Siriを使ってリマインダーで簡単設定

まずは事前登録してから、リマインダーを設定しましょう。

STEP1:マップアプリで目的駅を検索し、「既存の連絡先に追加」をタップ

マップアプリを起動し、起こしてほしい駅を検索します。その詳細を開き、画面下部にある「既存の連絡先に追加」をタップしましょう。

STEP2:自分の連絡先に登録し、カスタムラベルを駅名に変更する

連絡先の中から自分のものを選択し、登録します。そのままでは「住所」になっているので、タップしてカスタムラベルを駅名に変更します。

STEP3:Siriにリマインドする旨を伝え、問題なければ「確定」をタップして完了

あとは、寝る前や電車に乗る前にSiriを起動し、「〇〇駅(登録した駅名)に着いたら着いたよとリマインド」と言うと、自動で通知つきのリマインダーを設定してくれます。

以上で完了です。

意識が遠のいてしまう前に、どうにかしてこちらのセッティングだけは済ませてしまいましょう。事前準備は1度やればOKですよ!

Siriを起動するには、ホームボタンを長押ししましょう!

設定は必ず事前に済ませておきましょう。熟睡して寝過ごしてしまう前にSiriにお願いすることです!

通知やアラームは時間よりも位置で設定!

絶対に遅刻できない状況でも眠気は襲ってくるもの。うまくアプリや設定を利用して乗り越えましょう。

Siriを使うというのも斬新でわかりやすいですよね。手がうまく使えないときなどは、はなしかけるだけなので簡単です。ぜひ活用してみてください!

(image by amanaimages)