スマホの普及で誰でも簡単に画像加工ができるようになり、様々なブームがネット上を中心に巻き起こるようになりました。

そんな画像加工ブームで今一番キテいる「インスタマイハンド」、みなさんはご存じですか?今回はInstagamを中心に世界中で流行っている画像加工「インスタマイハンド」の解説とその作り方をご紹介します。

インスタマイハンドって?

インスタマイハンドとは、あたかも実世界でInstagram のトップページを持っているかのような画像のことです。始まりはK-POPアイドルグループSHINeeのメンバーがInstagramにインスタマイハンドの画像を投稿したことで、それが話題となり続々真似する人が出てきました。

Instagramでは「#instahand」「#instamyhand」「#インスタマイハンド」などのハッシュタグで同様の画像を検索することができます!

Instagramでハッシュタグ検索を行う方法はこちらをチェック!「Instagramで人気の写真を見る方法

インスタマイハンド画像の作り方

実際にインスタハンド画像を作ってみましょう。使用するアプリは「PicsArt Photo Studio」というものです。

STEP0:材料となる写真を用意する

インスタマイハンドを作るには上のような「何かを持っているような手の写真」、「インスタグラムのプロフィールページのスクリーンショット画像」の2点が必要です。こちらを用意しましょう。

「インスタグラムのプロフィールページのスクリーンショット画像」は別の画像でも構いません。好きなものを用意しましょう!

STEP1:PicsArt Photo Studioを起動し、写真を選択する

まずはPicsArt Photo Studioを起動しましょう。起動すると画像左側のような画面が表示されるので、1で示した「編集」をタップしましょう。

すると右側のような画面が表示されるので、2で示した「Photos」をタップしましょう。タップすると写真選択画面が表示されるのでSTEP0で準備した「何かを持っているような手の写真」を選択しましょう。

STEP2:Instagramのスクショ画像を追加する

「何かを持っているような手の写真」を選択したら次に「インスタグラムのプロフィールページのスクリーンショット画像」を追加しましょう。3で示したように、下のメニューを左にスワイプします。

すると4で示した「Add Photo」というボタンが表示されるので、それをタップしましょう。STEP1と同様、写真選択画面が表示されるので、STEP0で準備した「インスタグラムのプロフィールページのスクリーンショット画像」を追加しましょう。

STEP3:スクショ画像の大きさと角度を調節する

「インスタグラムのプロフィールページのスクリーンショット画像」を追加したら、画像の大きさと角度を調節しましょう。5で示したようにピンク枠で囲った画像の角度をいじりながら画像を適切な大きさに縮小拡大します。

大きさを調節し終わったら、6で示したように角度を調節します。調節の仕方は、画像の上に指を2本おき、指を動かすだけです。この時、スクショの画像を手で持ってるような大きさや角度に画像を調節しましょう。

STEP4:画像の透過度を調節し、保存する

次に画像の透過度を調節しましょう。7で示したとおり、ピンクの枠で囲った部分のつまみを調節し、透過度を決めます。

好みの透過度になったら8で示したマークをタップし、画像を保存しましょう。これでインスタマイハンド画像の完成です。

その他PicsArt Photo Studioでの画像加工

上記で紹介した画像加工はPicsArt Photo Studioのほんの一部の機能です。その他画面下に表示されているメニューバー機能には以下の様なものがあります。

  • Tools:画像の大きさや角度、トーンをいじることができます
  • Effects:画像全体にオシャレなエフェクトをかけることができます
  • Draw:手書きで絵や文字を入れることができます
  • Mask:光の加工を施すことができます
  • Border:白黒の外枠をつけることができます
  • Shape Mask:光の枠をかけることができます
  • Frame:枠をつけることができます
  • Text:文字を入力することができます
  • Clipart:スタンプを貼れます
  • Lense Flare:フラッシュを焚いたさいの反射のような加工を施すことができます
  • Callout:吹き出しを入力することができます
  • Shop:追加でエフェクトなどを買うことができます

お好みで色々いじってみましょう!

いろいろな応用が期待できるインスタマイハンド

スマホの画面を持っているかのような近代的な画像「インスタマイハンド」。意外と簡単に作れるんですね!趣向を凝らせばいろいろな応用バージョンを作ることができそうです。気になる方はまずは画像を作ってみましょう!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)