HDD(ハードディスクドライブ)という言葉はパソコンに詳しくなくても、なんとなく聞いたことがあるという方が多いと思います。パソコンの売り場に行くとHDDのかわりにSSD搭載という製品も登場しています。

最近では、この聞き慣れないSSDが、HDDに代わる存在として注目されています。では、SSD(ソリッドステートドライブ)とはいったいなんなのでしょう。どうして注目されているのでしょうか?

そこでこちらの記事では、SSDについてあまり知らないという方に向けて、簡単に説明をしたいと思います。

SSDとは?知っておきたい基礎知識

SSDとはフラッシュメモリを使用した記憶装置、ストレージのことです。

このフラッシュメモリとは、電気によって情報を電子の配列に変換し、それをセルという入れ物に閉じ込め、そこに流れる電圧の強さで情報を記録するという仕組み。

セルの中に電子が閉じ込められているため、パソコンの主要メモリとは違い、電気が流れない状態でも記録を保持することができます。

フラッシュメモリはUSBメモリや、ゲームのメモリーカードにも使われており、段々とパソコンに導入される数も増えてきました。

HDDに比べて、丸いディスクがないということが特徴です。

HDDと比較したSSDの長所

HDD

SSD

処理速度が速い

HDDの場合はデータを読み書きする際に、磁気ヘッドをディスク内のデータのある場所へ物理的に動かさなければなりませんが、SSDはその必要がないため、データを素早く読み書きすることができます。

特にパソコンを立ち上げるときには、HDDの苦手とするランダムアクセスという動作をたくさん行うため、SSDの速さをかなり実感することができます。

衝撃に強い

HDDはデータを読み書きする部分の磁気ヘッドとディスクの間にわずかな隙間が空いており、それらがなんらかの衝撃で接触しディスクに傷がついたりすると、正常に動作しなくなってしまうことがあるため、衝撃には非常に弱くなっています。

一方、SSDはHDDと違い物理的なパーツが少ないため比較的衝撃に強くなっており、持ち運ぶことの多いノートパソコンにとっては大きな長所と言えるでしょう。

消費電力が低い

SSDはHDDのようにディスクを高速で回転させたり、磁気ヘッドを動かしたりすることがないので、HDDと比べると電力の消費をかなり抑えることができます。

またディスクを回転させる際のモーターの音などもなくなるため、動作音が静かになります。

小さくて軽い

SSDにはモーターや磁気ヘッド、それらを保護する金属製の箱もないため、HDDよりもはるかにサイズが小さく、重さも軽くなっています。

HDDと比較したSSDの短所

価格が高い

SSDの普及につれて価格もだんだんと安くなってきてはいますが、依然として1GBあたりの単価が高く、HDDとの大きな差があります。

また、大容量のSSDも出てきてはいますが、やはり価格の問題であまり普及はしていません。

書き込み速度の低下

SSDに使われているフラッシュメモリは書き込み動作を苦手としていますが、SSDはフラッシュメモリの並列動作によってその速度をあげています。

性質上、使用し続けると書き込み速度が低下すると言われていましたが、ずいぶんと改善されているようです。

データが突然消える?

SSDは電子をセル内に閉じ込めることによってデータを保持しているため、衝撃に強い代わりに静電気などの電気的なショックに弱いと言われています。

また、電子を閉じ込めているフタの部分が経年劣化によりダメになってしまうと、データが失われてしまうこともあるそうです。

そしてデータの復旧がHDDよりも難しいというのもデメリットとしてあげられます。

現段階ではHDDとの使い分けか

SSDはHDDに比べ優れた点が多くありますが、未だ発展中とも言えるため欠点も抱えています。

持ち運び用はSSD搭載機を選び、大事なデータは外付けHDDに保管するなど、現段階ではSSDとHDDの使い分けがオススメです。

(image by amanaimages)