2015年6月3日、大手ネット通販サイトのAmazonで、中古の本・ゲーム・DVDなどの買い取りサービスが始まりました。手続きもネットで簡単にでき、本1冊からでも無料で家まで集荷に来てくれ、まったく家を出ずに売却できる、という今までの中古売買のあり方をひっくり返す破格のサービスとして、話題を集めています。

今回はそんなAmazonの買取サービスの特長と、実際の使い方をご紹介します。

Amazonの買取サービスのすごいところ

買取価格がわかる

古本やゲームを売る際の一番の疑問が、「そもそもこれ、売れるのかな?いくらかな?」ということ。せっかく手間をかけ準備した商品が、持って行ってみると「買取不可」だったり、5円、10円といった低価格だった場合、がっかりですよね。

Amazonの買取サービスなら、事前にサイト上で商品を検索し、買い取りの最高価格を調べることができ、骨折り損を防げます。そして、値段を調べ、そのまま買い取り手続きに進むこともできます。

Amazonで買った商品でなくても買い取ってもらえるので安心です。

本1冊から無料で集荷してくれる

そしてAmazonの買取サービスは、なんと本1冊からでも自宅まで無料で集荷に来てくれます。本を自宅からあくせく運ぶ必要はありません。

査定が不満なら無料で返してくれる

さらに、集荷後、Amazonに査定された実際の買い取り価格が予想より低く不満だった場合は、無料で返送してくれます。これなら、「これ売ってみようかな?」と気軽に出品することができますね。

売ったお金はAmazonギフト券に

Amazonの中古買取サービスでは、売却したお金はAmazonギフト券としてもらえます。

ただし、初回利用時のみ、現金で銀行口座に振り込まれます。

中古品の売却額は1000円に満たないことも多々あるので、銀行に振り込んでもらうより、ギフト券のほうが使いやすいかもしれません。

実際に買取サービスを使ってみよう

さて、こんなに至れり尽くせりのAmazonの買取サービス。ここからは、実際にサービスの申し込みをする方法を画像付きでご紹介します!

サービスの利用は18歳以上(高校生不可)に制限され、未成年者は親の同意の元で利用することになっています。

準備するもの

以下の2つと売りたいもの、そしてネット環境があれば買取サービスを利用できます。

□身分証明書のコピー(初回のみ)

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 外国人登録(済)証明書、在留カード、特別永住者証明書

のいずれか

□商品を入れる箱または封筒

  • 梱包のサイズは、3辺計160cm、容量40kg以下

STEP1:Amazonの買取サービスページを開く

Amazonの買取サービスを開きます。

STEP2:商品を検索する

まずは、売りたい商品を検索バー(画像に赤く示した部分)で検索します。JANコードやISBNはもちろん、商品名やタイトルだけでも検索できます。今回は、ハリーポッターシリーズの「ハリーポッターと謎のプリンス(上)」で試してみます。

この検索で出てこない商品は買い取り対象外となっています。

そして数ある関連商品の中から、買い取ってもらう商品を選びます。

STEP3:商品の状態を登録する

商品を選ぶと、次は売却する商品の状態を聞かれます。(画像で赤く示した部分)

「非常に良い」「良い」「可」の三段階で、状態がいいほど高額になっています。今回のように本を売るの場合、状態評価目安はこんな感じです。今回は「良い」を選択したので、予想額は154円となります。

非常に良い 特典やカバーなどが全て揃っている / 書き込みがない /日焼け、折れ、汚れ、傷がない
良い 特典やカバーなどが全て揃っている / 書き込みがない / 軽度の日焼け、折れ、汚れ、傷がある
特典やカバーなどが不足している / 多少の書き込みがある / 目立つ日焼け、折れ、汚れ、傷がある

バーコード(ISBN)の記載されている帯がない、ページが抜けている、水濡れ跡があるなど、大きな問題がある商品は買い取り不可となります。
※詳しい条件はこちら:本・コミック・雑誌 コンディション条件 / Amazon

状態を選択したら、「次へ」をクリックします。

STEP4:集荷日時と住所を入力

次に、出品する本をAmazonに取りに来てもらう日時を選択します。集荷日は申し込みの翌日から3日間のうちどれかとなっています。時間は午前9〜12時、午後12時〜18時、夜間18時〜21時から、2〜3時間ずつかなり細かく指定することができます。

日時指定が終わったら、利用条件の確認です。「18歳以上、高校生ではない」という条件にチェックを入れます。また初回のみ身分証明書のコピーを商品に同梱する必要がある、ということを確認したらチェックします。

最後に、住所の入力です。注意しなければならないのは、身分証明書に記載されている住所と同じ住所でなければならないので、住民票が実家にある!なんて方は要注意。Amazonアカウントにすでに住所を登録してある場合は「この住所を使う」をクリックするだけで大丈夫です。まだ登録がない方はここで入力します。

STEP5:銀行口座を入力(初回のみ)

初回利用時のみ、中古品を売ったお金が現金として自分の口座に振り込まれるので、振込先の口座を登録します。口座の名義人は身分証明書の名前と同じである必要があります。

2回目以降からは、Amazonギフト券として売却金がもらえるので、この手続きは不要です。

STEP6:返送について選ぶ

その後、実際の査定額が、予想額(今回の場合だと154円)を下回った場合、どうするかを選びます。選択肢は2つあり、商品を自宅に返送してもらうか、下回った額のまま買い取ってもらうかを選択できます。

買取不可の場合は自動的に返送されます。(無料)

STEP7:確認・申し込み確定

ここまでの入力を完了すると、入力情報の確認画面が表示されます。手持ちの商品と選んだ商品が間違っていないか、住所や集荷日は合っているかなどもう一度確認しましょう。

確認が済んだら、「買取申し込みの確定」をクリック。

STEP8:買取申込書の印刷

買取申し込みを確定させると、最後に、商品情報や買取番号などが記載された買取申込書が表示されます。これをプリントアウトして、確認事項にチェックを入れたら署名欄にひらがなで署名し、身分証明書のコピーと一緒に商品に同梱します。

プリンターがない!という方は、手持ちの紙にここで表示される買取申込書の内容を手書きで書き写し、ひらがなの署名を添えて同梱すればOKです。

あとは、集荷に来てくれるのを待っているだけ。約10分ほどで手続きができました。そして集荷が完了し、Amazonの査定が完了次第、代金がもらえます。ここまでの作業を家から全く出ずに完了させられます。とっても手軽ですね!

部屋で眠っている本を調べてみよう!

このように、Amazonの買取サービスは中古売買のやりとりをとっても手軽にしてくれました。カンタンに売りに出せるのはもちろん、とりあえず買取価格を調べてみる、というだけでもすぐできるので、部屋の片隅でホコリをかぶっている本やゲームをちょっと検索してみてはいかがでしょうか?実は、トンデモないお宝が眠っているかも。

(image by 筆者)
(image by amanaimages)