インターネットで作業をしていると、いつの間にかタブが増えてしまっていることはありませんか?同時に開いているタブが増えるとPCのメモリーを圧迫して、動作が重くなる原因となってしまいます。

そこで使ってないタブの動作を自動的に停止する、PCに優しいGoogle Chromeの拡張機能「The Great Suspender」をご紹介します。

「The Great Suspender」とは

「The Great Suspender」は日本語に直訳すると「優れた一時停止装置」といったところでしょうか。その意味通り、使っていないタブを自動的に「一時停止」することができます。

「The Great Suspender」でできること

「The Great Suspender」は、同時に開いているタブのうち、使っていないものを一時停止することで、メモリー不足を解消することができます。

一時停止したタブは「Tab suspended Click to reload」と表示されます。クリックすると更新されて、再び閲覧することができます。

またタブを使わなくなってから停止までの時間を設定できたり、URLごとに自動的に停止しないサイトを登録できたりします。

「The Great Suspender」のインストール方法

「The Great Suspender」はこちらからダウンロードできます。

画面右上に表示される「CHROMEに追加」をクリックします。

Google Chromeの拡張機能として、「The Great Suspender」を追加するかの確認が表示されるので、権限などを確認後「追加」をクリックします。

「The Great Suspender」のインストールが完了しました。「settings」から、設定を行うことができます。

「The Great Suspender」の設定方法

設定画面が表示されたら、詳細設定を行いましょう。

停止時間選択

「Automatically suspend tabs after:」と表示されているところから、タブの停止までの時間を設定します。初期設定は1時間です。

最後にタブを開いてから「20秒〜3日間」の間、タブを操作しなければ停止するように設定が可能です。

一時停止の条件設定

停止時間設定の次は、一時停止するタブの条件を細かく設定することができます。

  • ピンしたタブを停止しない
  • 保存されていないフォームの入力が含まれているタブを中断しない
  • インターネットに接続されている場合のみ、自動で停止
  • バッテリーが動作している場合のみ、自動で停止
  • タブに合わせた時に自動的に停止解除
  • 右クリックで表示されるメニューに追加

これらにチェックすると、それぞれの条件に変更することができます。

ウィッシュリスト設定

ウィッシュリストは、操作しなくても停止しないサイトを設定することができます。停止させたくないサイトのURLを貼り付ければ、そのサイトを開いているタブは停止しません。

スクリーンキャプチャ設定

スクリーンキャプチャにチェックを入れると、サイトが停止した時そのページの概要がキャプチャ画像として表示されます。

設定していない時の「Tab suspended Click to reload」という表示とは異なります。設定することで停止したサイトの概要がわかるようになります。

設定完了

一通りの設定を確認したら、「Save settings」をクリックし、設定を保存しましょう。

セッションマネジメント

設定画面の「Session management」では、PCの状態を確認できます。タブの数やウィンドウの数が表示され、リロードや停止が可能です。

キーボードショートカット

こちらでは、「The Great Suspender」に関するショートカットキーを紹介しています。

  • 操作しているタブを停止する:Ctrl+Shift+S
  • 停止したタブを更新する::Ctrl+Shift+U

初期設定では以上の2つが設定されています。

  • 操作しているウィンドウのすべてのタブを停止する:(not set)
  • 操作しているウィンドウのすべてのタブを更新する:(not set)
  • すべてのウィンドウのすべてのタブを停止する: (not set)
  • すべてのウィンドウのすべてのタブを更新する: (not set)

以上の4つのショートカットキーを有効にするには個別の設定が必要です。「Remap keys」をクリックで設定が可能です。

自分に合った「The Great Suspender」の設定を!

「The Great Suspender」はメモリーの無駄を省ける便利な拡張機能です。細かく自分好みの設定を行い、PCに優しいブラウジングを楽しみましょう。

(ライター:樋口陽一)
(image by 筆者)