スマートデバイスとSNSの普及により、だれでも写真を撮ることができるようになった昨今。「魅力的でおしゃれな写真を撮りたい」という人は多いですよね。

また、「ブログに写真を載せたいけど、どうしたらおしゃれできれいな写真が撮れるんだろう?」「せっかく作った料理の写真を撮りたいのに、なかなかおいしそうに撮れない……」なんて悩んでいる人も多いはずです。

そこでここでは、野菜を使ったレシピと素敵な写真が人気のブログ「今日、何食べよう?〜有機野菜の畑から〜」を書いているブロガー、「ホマレ姉さん」さんに、ブログで使えるきれいな写真の撮り方について聞いてきました!

1:写真を撮影する機材について

まずは、写真を撮影する機材についてお話をお伺いしました。あのきれいな写真たちはどのような機材で撮影されていたのでしょうか?

スマートデバイス編:iPadAir

ホマレ姉さん「iPadの画面が大きく見やすいので、はじめはiPadで撮影していました。持ち運びには向かないので、畑の野菜を撮るときはスマホでした」

iPadのカメラであんなきれいな写真を撮ってたとは、驚きです!現在はスマホやスマートデバイスのカメラも画質がどんどん向上しているため、「ちゃんとしたカメラなんて持ってないから……」という方であってもじゅうぶんキレイな写真を撮ることができるんですね。

コンデジ編:Nikon COOLPIX L820

ホマレ姉さん「それまでは、iPadやスマホで撮っていたのですが、突然、夫から渡されました」

iPadやスマホで撮っていたホマレ姉さんでしたが、とつぜん旦那さんから手渡されたのがNikonのCOOLPIX L820だったそうです。なぜこの機種なのかを旦那さんにたずねたところ、「簡単そうなのにした」という答えが帰ってきたんだとか。

便利なスマホやiPadはそのまま、画質や機能を向上させたいと感じている方はコンデジの導入を検討してみてもいいかもしれませんね。

ミラーレス一眼編:FUJIFILM X-A1

ここまでiPadやコンデジを使用されてきたホマレ姉さん、周囲のブロガーさん方から「一眼レフを使っている」と思われていたそうです。そうではないことを伝えると、一眼レフの使用とおすすめのカメラを勧められたんだとか。

ホマレ姉さん「コンデジで気合いで撮るからと答えてましたが、やはり気合だけではボカシなど無理な部分もありました。使えるか不安でしたが、やっぱり一眼レフが欲しいなあと思っていたところ、昨年のクリスマスに夫がミラーレス一眼を買ってくれました。これまた、彼が勝手に選び、届きました。まぁ、私に相談するのは無駄だと思ったんでしょうね。初心者向けのミラーレスと言うことで選んだそうです」

ミラーレス一眼も、コンデジと同じく旦那さんが選ばれたものなんですね。初心者向きということですが、たしかになにもわからない状態でいきなりプロ仕様のものを渡されるよりは、しっかりと初心者向きのものから始めたほうが良いかもしれません。

ホマレ姉さん「ここまで書くとよくお分かりでしょう、自慢にはなりませんが、私には全くカメラに関する知識がないんですよ。ははは」

自らをカメラの初心者であると話すホマレ姉さんですが、ブログに掲載されている写真はどれも魅力的でおしゃれなものばかりです。知識がなくてもあんなに素敵なお写真が撮れると考えると、希望が湧いてきますね……!

では、高性能なカメラ以外に、大切なものはなんなのでしょうか?お話を伺ってみましょう!

2:写真の構図で気をつけていること

写真を撮るときにもっともセンスが必要とされる「構図」。ホマレ姉さんは、どのように写真の構図を決めているのでしょうか?

ホマレ姉さん「カメラ雑誌を読むと(めったに見ませんが)構図のことも書いてありますが、私は特別意識しません。こう見た方が面白いかな……とか綺麗かな……とか思う程度で、ほとんど直感です」

なんと、構図を意識せず直感で撮影されているとは!まさにセンスありきの撮影テクニックと言えるかもしれません。

ホマレ姉さん「なんか違うなと思ったときは、自分の撮る位置を変えるか、撮るものを動かして、1番良いと思うところへ持ってきますが、あまりやると余計変になることも……」

直感を信じ、試行錯誤を繰り返すことで、数々の魅力ある写真が生まれているんですね。

ホマレ姉さん「記事にするときに同じような写真にばかりならないようには気をつけています」

また、ブロガーさんなら、記事のレイアウトも考えて写真を撮っておくのも◎。同じ記事内で同じような写真が並ばないよう意識するのはもちろん、記事一覧ページでサムネイル画像が並んだときの見た目も想像してみるとよさそうです。

3:写真の小物で気をつけていること

ホマレ姉さんの写真で料理の魅力を引き出しているのは、色とりどりでおしゃれな小物の数々ではないでしょうか。小物の選びかたや配置などで気をつけていることはありますか?

ホマレ姉さん「いつしか、都会で暮らす読者の方々にも季節を感じてもらいたいと思うようになり、犬の散歩途中に見た草花や木を写真の中で使うようになりました。料理の材料に関連するものを使う場合も多いです。例えば、春菊の料理には春菊の花とか」

たしかに、ホマレ姉さんの写真には旬の野菜やいろいろな植物・草花が写り込んでいますが、そのような意図があったとは……!自然を身近に感じられるレシピに、読者側も癒やされますね。

ホマレ姉さん「ホマレ姉さんの農園は全て露地栽培なので、野菜の旬は常に意識しています」

掲載するレシピ自体はもちろん、写真に写る野菜であっても「旬」を意識されているのだとか。野菜のいちばん盛りの時期だからこそ、色ツヤも輝いて見えます。

4:写真の色合いで気をつけていること

ホマレ姉さんの掲載しているお写真、カラフルな色合いもまた魅力です。オーガニック野菜のやさしさを表現したようなナチュラルな色彩は、どのように作り出しているのでしょうか?

ホマレ姉さん「色合いで1番気を使うのは、出来上がりの料理と盛る皿、カトラリーなど小物の色です。あ、その前に写真を撮る台の色は必ず考えますね。全体としては、季節を考えた色使いを意識するようにしています」

料理や食器・カトラリー・台……などなど、写真に映るあらゆるものとの色のバランスを考えて撮影することで、あのおしゃれな写真が生まれるんですね。

5:写真を撮影するときに心がけていること

ここまで、構図や小物、色合いなどについてお話を伺ってきましたが、純粋に写真を「撮影」する際に気をつけられていることはなんでしょうか?

ホマレ姉さん「カメラは、普段はPモード、露出はプラス1/3に合わせています。場合によっては絞りのF値を自分で調節して撮影しますが、シャッタースピードを調節することは滅多にないです」

Pモードというのは「プログラムオートモード」のことで、シャッタースピードと絞り値をカメラが自動的に決めてくれるモードです。ここまでは全自動モードと同じですが、Pモードでは露出をそのままに、シャッタースピードと絞り値の組み合わせを自由に変更できる「プログラムシフト」が可能なんです。

簡単だけどこだわれるモードが「Pモード」なんですね。全自動モードを使われている方は、Pモードを使用してみてはいかがでしょうか?

ホマレ姉さん「また電球や蛍光灯の光で撮影しないように心がけているので、ホワイトバランスは最近はいじらないで済みます。最近、アスペクト比を3:2から1:1に変えました

たしかにホマレ姉さんの写真は、日光や自然光のなかで撮影されているものが多いように感じます。やわらかであたたかみのある写真の秘密は、ここにあるのかもしれませんね。

そしてアスペクト比を1:1にしているということは、写真を正方形で撮影しているということです。正方形のほうがブログに表示される画像として見やすい気がしますし、正方形の写真というだけでなんだかおしゃれな感じも増しますよね。

6:他人に撮影をお願いするときのポイント

素敵な写真を撮るとき、特に料理の写真は手が離せない場合もあったりして、必ずしも自分1人では撮影できないなんてこともあります。

そうしたとき、どうやってお願いすれば、他人に自分の思い描く写真を撮影してもらえるのでしょうか?

ホマレ姉さん「できるだけ自分で撮影するようにしていますが、どうしても無理な場合は家族に頼む場合もあります。一度自分で見て撮る位置を確認してから、『ここからこんな感じで』と伝えます

一度、自分で確認してから、撮りたい写真の構図や雰囲気をしっかり伝えることがポイントなんですね。

7:ブログ用の写真を撮影する人へのアドバイス

魅力ある写真の撮り方について伺うたび、「私は本当にカメラの知識が全くない」と仰るホマレ姉さん。しかしカメラの知識がなくても、ブログの読者の方々に「良い」と言ってもらえる写真を撮れる理由について、こうお話してくださいました。

ホマレ姉さん「私の写真を、皆さんが良いと言って下さるのは、野菜の美しさや光に助けられ、自分が好きなものを楽しんで撮っているからだと思います」

素敵な写真を撮るには、撮影する側が被写体を好きでいること、そして撮影を楽しむことが必要なんですね。そしてホマレ姉さんはまた、こう続けられました。

ホマレ姉さん「写真の美しい雑誌やブログはよく見ます。自分が好きな、いいなぁ〜と感じる写真を沢山見ると良いと思います。そのときにどうしてそう感じるかを考えるともっと良いんじゃないでしょうか?……そして真似てみる! そんなことを繰り返しているうちに素敵な写真が撮れるようになる気がします」

素敵な写真を撮るためには、目と感性を養うことが大切になってくる。そしてそれだけで終わらず、「なにがどう美しいのか、好きなのか」を考えることが重要だと語るホマレ姉さん。ホマレ姉さんのブログに掲載されている数々の写真も、そうした日々の学びと気付きによって撮影されたんですね。

素敵な写真を撮ってみよう!

カメラの知識ばかりを得るのではなく、素敵な写真をたくさん見て「どうして素敵なのか?」を考えること、好きなものを楽しんで撮ることが大切なんですね。

写真で何かを伝えたいときは、どうすればその被写体がいちばん輝くかを考えてシャッターを切ってみましょう!

今回お話を伺ったのはこの人!

ホマレ姉さん:旬の野菜や珍しい野菜を使ったレシピを中心としたエントリーが人気のブロガー。有機野菜農園を営んでおり、ここでしか見られないとっておきのレシピはもちろん、レシピとともに掲載されているクオリティの高い写真のファンも多い。

今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~

旬の野菜と珍しい野菜の簡単レシピ

www.homarecipe.com

(image by amanaimages1 2)