皆さんは使っていますか、iPhoneのメッセージアプリ。友達との吹きだしのやり取りがおもしろいです。

iPhoneのメッセージアプリではSMS、MMS、iMessageが使えます。iMessageだとiPhone同士で無料でメッセージのほか、写真や動画、ボイスメッセージも送れます。

iPhoneにためておくと容量をとる、けれど友達からの大切なメッセージや面白いメールを消したくない、そんな時にはPCに保存することが出来ます。また保存したメッセージは印刷することもできるので仕事でiPhoneのメッセージを使っていて、保存しておきたいというときにも使えます。

手順

STEP1:ダウンロードする

CopyTrans Contactsの試用版を使うのでサイトからダウンロードします。

STEP2:iPhoneを接続する

CopyTrans Contactsを起動し、iPhoneを接続します。

STEP3:アイコンをクリック

CopyTrans Contactsメイン画面左のメッセージアイコンをクリックし、メッセージリストから「SMS/iMessage」を選択します。

STEP4:保存したい人を選ぶ

保存したい人にチェックをいれ、「選択した項目をエクスポート」ボタンを押します。

STEP5:形式を選ぶ

エクスポート形式を選びます。ブラウザで表示できるhtml形式のほか、Word、Excelテキスト形式などがあります。それぞれの用途に合わせて選択してください。

STEP6:保存完了!

これでPC上の指定した場所にメッセージが保存されます。動画、写真、ボイスメッセージもフォルダに保存されています。

html形式で保存したファイルをブラウザで開くと、このようにiPhoneのメッセージのやり取りがPC上で再現できます。

STEP7:印刷する

保存したファイルは印刷もできます。印刷するにはブラウザ上で右クリック、印刷をクリックします。

データ管理に!

この方法でSMSのほかLINEのトーク履歴も保存出来ます。容量が足りなくなってきたiPhoneのデータを整理する方法として使えますよ。

(image by 筆者)