DTM(Desk Top Music:デスクトップミュージック)の普及によって、誰でも簡単に自宅で音楽をつくることができるようになりました。作曲以外にも、ニコニコ動画やYoutubeの「歌ってみた」「演奏してみた」動画などでも、DTMを使って録音、楽曲の編集がされています。

今回は、「作曲や楽曲編集をはじめてみたいけど、どのソフトをえらべばいいかわからない…」と悩んでいる人のために、初心者でも使いやすいオススメのDTMソフトをご紹介したいと思います。

DTM基礎知識!

DTMとDAWのちがい

DTMソフトについてしらべていると、「DAW」という言葉がでてきます。同じソフトでも「DTMソフト」といっているときと「DAWソフト」といっているときがあって、とってもややこしいですよね。

DAW(Digital Audio Workstation:デジタル・オーディオ・ワークステーション)の読み方は「ダウ」派と「ディーエーダブリュー」派にわかれますが、どちらで読んでも問題ありません。

  • DTM:コンピューターをつかって音楽制作をすること
  • DAW:DTMのメインツールであるソフト

というちがいがあるのですが、ソフトに言及している場合は同義で使われていることが多いでしょう。

もっとくわしく知りたい人はこちら

オーディオ入力とMIDI入力

入力方法には大きくわけて3つ、方法があります。

  • 歌や、ギターなどの楽器を演奏して録音する(オーディオ入力)
  • PCのキーボード・マウスを使って手打ちで入力する(MIDI入力)
  • MIDIキーボードを弾いて入力する(MIDI入力)

オーディオ入力は修正が入れにくいので、楽器をミスタッチなしに弾ける人でないと難しいですが、MIDI入力であれば楽器ができない人でも大丈夫。MIDIは、ボタンひとつで簡単に修正をいれることができます。しかし、PCでの手打ち入力だとかなり時間がかかってしまうので、楽器ができない人はMIDIキーボードを1台持っていたほうがいいでしょう。

ふつうの電子ピアノ・キーボードでも、MIDI端子がついていればMIDIキーボードとして使用することができます。

初心者でも、早いうちに有料ソフトを買うのがオススメ

ネットで検索をかければ、無料でダウンロードできるフリーソフトもたくさんヒットします。DTMを使ったことのない超初心者であれば、「有料ソフトは操作が難しそう…」「とりあえず無料版を使ってDTMがどんなものか試してみたい…」と思うのは当然でしょう。なのでもちろん、最初はフリーソフトを使ってみるのもひとつの手です。

しかし、もちろんフリーソフトにもデメリットがあります。フリーソフトは機能がシンプルなため、使い方を理解するのは初心者でも簡単です。ただ、細かい作業をしようとすると面倒だったり、そもそも機能が不十分だったりします。内蔵されている音源の種類も少ないため、自分好みの音色が見つからなくて物足りなさを感じることもあるでしょう。

ある程度本格的に楽曲制作を考えているのであれば、最終的にはフリーソフトから有料ソフトへシフトチェンジする場合がほとんどです。そのため、初心者でもあまり時間をかけずに作曲や楽曲編集ができるようになりたい!と思っているのであれば、早い段階から有料ソフトを買ってしまったほうがいいかもしれません。

フリーソフトは一見簡単そうですが、操作が限られているために逆に使いにくく、時間をムダにしてしまうこともしばしば。

とはいっても、いろいろな種類のあるDTMソフト。どれにすればいいか迷ってしまいますよね。

機能以外でのソフト選びのポイント

自分のパソコンのOSをチェック!

DTMソフトには、Macでしか使えないもの、Windowsでしか使えないものも多いです。「せっかくソフトを買ったのに、OSがちがっていた!」とならないよう、まずはしっかりチェックしておきましょう。

だれかとのデータ共有を考えているのなら

ソフトを買う前からだれかとデータ共有を考えているのであれば、その人が使っているのと同じソフトを買ってしまうのもひとつの手です。たとえば、バンドをやっていてメンバーとのデータの送受信が必要な場合、メンバーが持っているのと同じソフトを購入したほうが、やりとりがスムーズになります。

各ソフトには独自のファイル形式が存在するため、別々のソフト間でデータ共有をしようとすると、不具合が生じるケースが多くあります。

また、同じソフト間だとデータ共有がスムーズなだけでなく、使い方がわからない場合は直接教えてもらうこともできるので、初心者からすると安心ですよね。

さて、それでは具体的にソフトを見ていきましょう。

その1:Macユーザーはこれ!「Logic Pro」

  • 価格:¥23,800-
  • 対応OS:Macのみ

MacBookユーザーにイチオシ

Apple社から発売されている「Logic Pro(ロジックプロ)」は、MacBookにもともと登載されている作曲アプリ「Garage Band(ガレージバンド)」の高性能版になります。ガレージバンドを試してみてもっと性能がほしいと思った方は、この機会にぜひロジックにのりかえてしまいましょう。

また、ガレージバンドはMIDIデータが独自形式のため、ほかのソフトとデータのやりとりができないのですが、ロジックであれば読み込み可能なので、データ移行もスムーズにできます。

Windows製品では使えないので注意。

一番の特徴は、大量のループ素材

ループ素材とは・・・1〜4小節の、繰り返しで使用することを目的とされた音素材

音楽は、いくつかのリズムやフレーズで構成されています。そして、ひとつのリズム・フレーズは、曲のなかで何度もくり返すのが一般的です。なので、もともとソフトにはいっているループ素材を使えば、1つの楽器に費やす時間を省略してほかのメロディなどに集中することができます。

ロジックは、この「ループ素材」が豊富なのが魅力のひとつ。もともと入っているループ素材だけで、1曲完成させることだってできてしまいます。

初心者は、まずはループ素材を使って曲を作ってみましょう。

値段が安い

ほかの有料ソフトが5万円前後するのにたいして、ロジックは23,800円と、お手頃なのも魅力のひとつ。(※価格は2015年6月現在のもの)

お値段は安いですが、性能はほかのものとそこまで大差はありません。アップルストアで販売されているので、思いたったらネットですぐに購入することもできます。

購入はこちら(公式サイト)からどうぞ。

その2:ボカロをやるなら「CUBASE」

  • 価格:「Elements」¥12,000前後、「Artist」¥38,500前後、「Pro」¥60,000前後
  • 対応OS:Win / Mac両対応

ユーザー数が多い

CUBASE(キューベース)は、Windows・Mac両対応のため国内でのシェア率がとても高く、プロ・アマ問わず多くの人に支持されています。そのため、ユーザー同士の交流にも役立ちます。

ボカロをはじめたい人にオススメ

初音ミクなどを使ったVOCALOID(ボーカロイド)曲を作りたい!と考えている人には、圧倒的にCUBASEがオススメです。

CUBASEのメーカーである「Steinberg(ステインバーグ)社」はYAMAHAの子会社のため、日本国内版に関してはYAMAHAがサポートをしています。そして、ボーカロイドのソフトを発売しているのもYAMAHA。そのため、ボカロ専用の相互補完ソフトも発売されています。

普通、ボカロ曲を作るためには、

  • 作曲ソフト
  • ボーカロイドエディタ

の2つが必要です。そして、基本的にはこの2つのソフトを行き来しながらの作業となります。

しかし、「VOCALOID Editor for Cubase」というソフトが販売されたことで、

  • 作曲ソフト(CUBASE)
  • ボーカロイドエディタ(VOCALOID Editor for Cubase)

をそろえれば、CUBASE内ですべての作業を一括して行うことができるようになったのです。

これでほかのソフトを使うよりも作業を圧倒的に効率よくおこなうことができるので、ボカロをやってみたい人はCUBASEを買う以外に手はないでしょう。

お買い得なアカデミック版

CUBASEはアカデミック版も発売されています。学生であれば正規よりも安い料金で買うことができるので、こちらも要チェックです。

その3:MIDI操作で選ぶなら「SONAR」

  • 価格:「Artist」¥14,000前後、「Professional」¥27,000前後、「Platinum」¥60,000前後
  • 対応OS:Winのみ

楽器が弾けない人にオススメ!使いやすいMIDI機能

楽器が得意であればオーディオ入力でことたりますが、楽器ができないor苦手な人は、MIDI入力機能に頼らざるをえないでしょう。

SONAR(ソナー)は、MIDI入力がほかのソフトに比べて格段に操作しやすいので、楽器ができない人にオススメです。

豊富な内蔵音源

50GBものバーチャル音源が内蔵されているのもSONARの特徴。そのため、別途音源を買う必要がほとんどありません。

データ容量が大きいため、パソコンはスペックが必要です。簡易型ノートパソコンではきびしいかも。

SONARもアカデミック版があります

CUBASE同様、SONARもアカデミック版が販売されています。学生のみなさんは、まちがえて正規品を購入してしまわないよう注意してくださいね。

番外編:初心者は避けたほうがいいかも「Pro Tools」

DTMソフトのなかでも一番有名なのが「Pro Tools(プロツールズ)」。業界標準とされているため、日本だけでなく世界中のミュージシャンに愛されています。

ですが、初心者には操作がすこしむずかしいという声もちらほら。プロを目指そうと考えている人であればゆくゆくは使うことになるかもしれませんが、趣味やアマチュアでやろうとしている人はやめておいた方がいいでしょう。

ソフトを買って、快適なDTMライフを!

DTMには専門用語も多く、慣れるまでは苦労するかと思います。ですが、音楽をつくるのはとてもたのしい作業です。ぜひ今回ご紹介したソフトを手に入れて、快適なDTMライフを満喫してくださいね。

(image by amanaimages)