• 朝なんとなく家を出たら、帰るときには大雨!
  • 会社に傘を持って行ったはいいものの、営業先で突然のゲリラ豪雨!

こんな経験をしたことがありませんか?しかたなく近くのコンビニで傘を買ったり、タクシーを使って帰ったりすることもあるかと思いますが、そういうときにかかるお金って少し払うのがもったいない気分になりますよね。

たしかに朝は何かとバタバタしており、天気予報を見ないで出発してしまうことも多いもの。また、ことゲリラ豪雨に関しては、予測のしようがありません。

そこでここでは、AppleWatchを使って、天気やゲリラ豪雨を手軽に確認できるアプリを紹介します。腕に付けているということもあって気軽に確認することができるので、おすすめです!

そら案内

一目で天気が丸分かり!

そら案内は、一目でその日の天気模様を把握することができるApple Watchのアプリです。アプリを開いたら、現在地の天気予報・降水確率・気温と、直近12時間の天気と気温が表示されます。ほとんど操作なしに全ての情報を一覧できる上、気温がグラフで表示されているので、時間をかけずにその日の天気を把握できます。

なので、朝起きて時計をつけるときに、まずこのアプリを開いてみてください。そうすればすぐにその日の天気模様が分かるので、出先から帰るときの雨にもしっかり対応することができます。なによりApple Watchは腕時計なので、朝の身支度をしながらでもハンズフリーで確認することができますよ!

アメミル

ゲリラ豪雨もこれで安心!

アメミルは、雨の接近をいち早く察知して通知してくれるApple Watchのアプリです。通知には「雨が接近」「非常に強い雨が接近」「雪が接近」「非常に強い雪が接近」の4種類があります。

通知後にアプリを開くと、周囲10kmの雨の分布と雨量が分かる気象レーダーを表示してくれます。これらは全てアニメーションで分かりやすく表示してくれているので、なんとなく見るだけでも理解することができます。

これがあれば、出先であってもすぐに雨を感知して、早めに帰ることもできますし、ゲリラ豪雨に遭ってずぶ濡れになる心配もなくなります。天気に惑わされずに出歩くことができるようになりますね!

雨降りアラート: お天気ナビゲータ

段階ごとに雨雲の接近を通知してくれる!

雨降りアラートは、設定した地域に雨雲が近づいてきたときに通知してくれるサービスです。アメミルと同様、ゲリラ豪雨の接近を知らせてくれるアプリなのですが、いくつか違いがあります。その中でも一番の違いは、段階ごとに雨の接近を通知してくれるところです。

段階は雨の接近度に合わせて2つ。雨雲がとても近いときには「雨雲が接近」を、まだ雨雲が遠いときには「数時間後に雨の可能性」を通知してくれます。

天気レーダーが地図上に!

アメミルとのもう一つの大きな違いは、気象レーダーが地図の上に重なるように表示されている点です。アメミルだと、簡略化されたアニメーションが表示されるので、好みによってどちらを使うかはお任せします!

Apple Watchはデザインを自由に変えられる腕時計!?

ここまで読んでみると、たしかにこんなアプリを普段使えたら便利だけど、服のコーディネートが合わないときは使いにくそうだな...と考える人もいるのではないでしょうか?

しかし、そこはご安心ください。パネルが電子パネルということはそこに映し出す画面も変えられるということです。時計の文字盤に映せるデザインはたくさんあり、中にはミッキーもあります!さらにカスタマイズの仕方によっては、機能の追加や背景の変更などもできます。

自分の好みに合わせてデザインを変更して、Apple Watchで賢く天気を予想してみてくださいね!

(image by amanaimages)