はじめに

ブログを書いているという人は多いと思います。毎日の出来事や自分の興味のあることについて書くわけですが、タイトルをつける時って迷いませんか?

ブログの内容をうまく表したものにしたいし、このブログを読みたい!と思わせるタイトルをつけたいですよね。

今回はそんな方のために、上手にタイトルをつけるコツを紹介したいと思います。

上手なタイトルをつけるには

ブログの内容を要約する

まずは自分の書いたブログの内容をまとめましょう。自分自身で書いた文章ではありますが、この文章は何について書いたものなのかということを考えるのは意外と難しいです。

そのブログで一番言いたいことは何なのか。それがわかれば、もっとも適したタイトルが見えてくるでしょう。

購読心をあおる

タイトルにはなるべく購読心をあおることを書きましょう。たとえばそれが読んだ人にとってためになるタイトルであれば読む気になりますよね。

書いた内容がこのnanapiのようにコツや方法を書くものであれば、タイトルには~をする方法や~をするコツといった、how toのものにすることをおすすめします。

わかりやすいタイトルにする

タイトルをつける際はわかりやすいものにしましょう。専門用語を多用したものは、一見しただけだと何のことを言っているのかわからない場合があります。

専門的な内容をわかる人にだけ読んで欲しいという時は専門用語を多用したタイトルでもかまわないと思います。

しかしたとえばアクセスがたくさん欲しいとか、そういった場合は誰でも理解できるタイトルにしましょう。

難解なタイトルは読む気をなくしてしまう可能性があります。

おわりに

いかがでしょうか。タイトルというものはブログなどに必ずつけるものでありますが、しかし意外と奥が深く、もっとも適したタイトルをつけるというのはなかなか難しいです。

タイトルにはその文章が読まれるか読まれないかが左右されるほど影響力があります。

この文章がタイトルをつける際の参考になれば幸いです。