長いURLは嫌われる・・・?

メールなどで、URLを送ることってよくありますよね。

しかし、検索結果など、長いURLのものは結構あります。たとえばこんな感じ。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=qe7&q=%E3%81%8A%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%81%8B%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%89%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BA&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

これをカンタンに短くする方法をご紹介します。

URL短縮サービスを使おう!

URL短縮サービスとは、長いURLを入れれば、同じページにアクセスできる短いURLをかえしてくれるという便利なもの。

その中でも今回は「bit.ly」というサービスを紹介します。

それでは使い方を説明しましょう。

STEP1

まず、bit.lyのサイトにアクセスします。

http://bit.ly/

STEP2

左側のフォームに、短縮したいURLを入れましょう。そして「shorten」をクリック。

STEP3

すると短くなったURLが出るので、それをコピーするだけ。ちなみに今回生成されたのは以下。

http://bit.ly/Wkzhp

クリックするとちゃんと短縮前のURLに飛ぶことができます。

簡単ですね。

おわりに

短縮URLは非常に便利なので、友達に長いURLなどを送るときに活用しましょう!

ただし、時にはスパムサイトや危険なサイトなどへの偽装として使われることがあります。自分で開くときはちょっと注意しておいたほうがいいかもしれません。

こんなことも出来ます!

bit.lyのアカウントを登録すると便利な機能も使えますよ。
bit.lyで短縮したURLのかなり詳細なアクセス管理が出来ます。自分のブログやホームページでの記事中のリンクに使用すると面白いとおもいます。