スマホの買い替えで気になるのは、連絡先やアプリなどの引き継ぎ。失敗すると、今までのデータが利用できなくなる可能性があります。

1月17日、LINEアカウントの引き継ぎ方法が変更されたことが発表されました。機種変更の際には、忘れずに行いましょう。この記事ではそのポイントをご紹介します。

新しい引き継ぎ方法ではPINコードは不要に!

2014年からLINEでは、不正ログイン防止のため、電話番号の違うスマートフォンからログインする際、PINコード(4けたの暗証番号)の入力が必要になりました。しかし、2016年2月からは、PINコードを使わずに機種変更できるようになります。

STEP1:メールアドレス、パスワードの確認、設定

  • LINEに登録したメールアドレス
  • メールアドレスとともに登録したパスワード

引き継ぎ前に、この2つを確認しておく必要が。どちらも[設定]>[アカウント]>[メールアドレス登録]から確認、設定できます。

STEP2:

[設定] > [アカウント] > [2段階認証] に、「アカウントを引き継ぐ」という項目があります。これをオンにした状態で、アカウントの引き継ぎを行ってください。

オンにしてから24時間以上経過すると、再設定する必要があります。機種変更当日に行いましょう。

なお、引き継ぎの許可設定は、下のどちらかに該当する場合のみ必要となります。

  • 機種変更後、電話番号が変わる
  • Facebookログインを利用していて、スマートフォンが変更

STEP3:

新しいスマホにLINEをインストールし、「ログイン」ボタンを押し、メールアドレス、パスワードの入力などを行えば引き継ぎ完了です!

誤って「新規登録」ボタンを押すと、今までのアカウントのデータがすべて削除されます。

引き継ぎの許可設定を忘れた場合は…

「アカウントを引き継ぐ」という項目をオンにせず、新しいスマホにアカウントを引き継ごうとした場合、このような画面が表示されます。

ここからでも以下の方法で、アカウントの引き継ぎを行うことができます。

  • 以前のスマホを使い、「アカウントを引き継ぐ」をオンにする
  • 以前のスマホを使い、認証番号を受け取り、入力する
  • 「上記の方法が利用できない場合」をタップし、LINEに登録したメールアドレスを入力。送信された認証URLをタップし、LINE上で「アカウントを引き継ぐ」を選択する

トーク背景、通知音などは再設定が必要

アカウントの引き継ぎを行っても、以下の情報は引き継ぐことができません。

  • 過去のトーク内容(※トークごとに保存する方法は次を参照)
  • トーク背景
  • 通知音の設定
  • コイン残高(AndroidからiOSなど異なるOSに機種変更した場合

なお、過去のトーク内容は、バックアップしたいトーク画面のトーク設定を開いた先の「トーク履歴を送信」(iOS)、「トーク履歴をバックアップ」(Android)から保存することが可能。詳細はこちらをご確認ください。