2002年から、10年以上にわたって公開されている画像管理ソフト「Picasa」。Googleが、その提供を終了することを発表しました

長年、愛用してきた人にとってはちょっぴり悲しいニュースですが、問題はPicasaで管理してきた画像をどうするか。この記事ではPicasa終了後、保存した画像がどうなるかを解説します。

Googleフォトの提供開始に伴い、サービス終了

Googleは先日、クラウド上に容量無制限で画像を保存できる「Google フォト」を発表。Picasaのサービス終了は、これに伴うもので、同社は「ひとつの写真サービスに注力するため」のものだとしています。

Picasa ウェブ アルバムの画像は、Google フォトに移行できる

5月1日以降、「Picasa ウェブ アルバム」のアカウントでGoogleフォトにログインすることで、保存した画像や動画をGoogleフォトで利用できるようになります。タグやキャプション、コメントも引き継げるようになるそう。

デスクトップアプリは3月15日でサポート対象外に

デスクトップアプリ版は3月15日からサポートの対象外になり、ダウロードもできなくなります。それまでにダウンロードすれば使用できますが、5月1日以降、新規アルバムの作成、アルバムの編集ができなくなります。

保存していた画像は、デスクトップアップローダーを使用して、Google フォトにアップロードすることができるそう。

もうすぐお別れ

長年利用してきたユーザーにとっては、ちょっと寂しいPicasaとのお別れ。Googleにとっても、熟慮したうえでの決断だったそう。

写真管理サービスはGoogle フォト以外にも、Amazonプライム会員限定の「プライム・フォト」などがあります。この機会に、そちらに乗り換えてみるのもアリかも?

「Googleフォト」とAmazon「プライム・フォト」使えるのはどっち? | nanapi [ナナピ]

(image by 筆者)