ページの美しさに、さりげなく貢献してくれるフォントたち。世の中には幾多のフォントがありますが、プロはどのようなポイントに関心を向けているのでしょうか?

今回話をうかがったのは、WEBデザイナーとして活躍されている方々。おすすめのフォントについて、お話をうかがってきました。

ご回答いただいた企業はこちら

  • アソビュー株式会社
  • グリー株式会社
  • GMOペパボ株式会社
  • 株式会社シンクスマイル
  • 株式会社はてな
  • ミューズコー株式会社
  • Retty株式会社
この記事では、各企業を50音順に紹介しています。

アソビュー株式会社 立野めぐみさん

全国の遊び・体験・レジャーが探せる日本最大級の検索・予約サイト「​asoview!(アソビュー)」を運営する、アソビュー株式会社。プロダクト部で活躍されている立野めぐみさん(以下、立野さん)に、お話をうかがいました。

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

立野さん「和文ではシンプルで読みやすいフォントが好きで、モリサワA1明朝/M+フォント等をよく利用します。他に、最近はGoogle fontsでお気に入りを探して使用するようになりました。その中で、繰り返し使用しているのは『Great Vibes』『Roboto』です」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

立野さん「最近はwebフォントでも使用できるようにと考えて、Google fontsから選択することも増えました。実際に使用したいテキストで使い心地を確認しながら選べるのが嬉しいです。その中でのお気に入りがこの2つ。『Great Vibes』はフォントだけでとても上品。『Roboto』はウェイトの種類が多くて、読みやすくシンプルなので使い勝手の良いフォントです」

―実際にどのように使われているかを教えてください。

立野さん「『Great Vibes』はシンプルですが主役にもなってくれるフォント。色、写真と合わせて上品なテイストを作りたいときに使用します。『Roboto』は可読性が高く、Googleマテリアルデザインなどの見やすさ・使いやすさを追求するようなデザインを作る際に使用しています。GoogleはOSの進化に合わせてフォントも進化すべきとしているので、今後のアップデートにも期待できて楽しみです」

立野さんおすすめフォントはこちら!

モリサワA1明朝

M+フォント

Great Vibes

Roboto

グリー株式会社 絹村友佳子さん

スマホで遊べるゲームの提供・運営を中心に、さまざまなサービスを発信するグリー。おすすめのフォントを教えていただいたのは、Art部 CommunicationDesignTeamに所属されている絹村友佳子さん(以下、絹村さん)。

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

絹村さん「『フォーク』『Helvetica』『優雅宋』です。フリーフォントだと、『ぼくたちのゴシック』『しねきゃぷしょん』ですね」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

絹村さん「使いやすいといえば、やっぱり安定のモリサワのフォントですが、その中でも『フォーク』は硬すぎず柔らかすぎないので、性別問わず使える点でオススメです。欧文書体の『ヘルベチカ』は、読みやさはもちろんのこと組み方やウェイトを変えるだけで与える印象を変えられるので、非常に汎用性が高いところがお気に入りです。『優雅宋』は、可愛らしさ・綺麗さを出したいときに一気に女子力を上げてくれるので、女性向けにはオススメです。
フリーフォントでは、『ぼくたちのゴシック』です。少し丸みがあるので親しみやすく、子どもから大人にまで汎用的に使えます。優しい印象を与えたい時にオススメです。『しねきゃぷしょん』は映画の字幕のようなフォントなので、ちょっとおしゃれな動画なんかに使ってみたらいいかもしれません」

―実際にどのように使われているかを教えてください。

絹村さん「『フォーク』は、主にゲームの公式サイトやプロモーションに使用しています。各ゲームごとにフォントを設定されていることが多いですが、文章を読ませつつもゲームのフォントと差別化を図りたいとき、少しアレンジしたいときによく使用しています。
『ヘルベチカ』は、色んな使いかたができるので色んなところに使用しています。コーポレートとしても、プロモーションなどの少し派手目のサイトにも使用しています。また冊子などの印刷物にも使用しています。
クセのある『優雅宋』は、タイトルやロゴなどのポイントに使用することが多いですね。
『ぼくたちのゴシック』、実は使ったことがないのですが、社内のファミリーイベントに使用しようと思っているところなんです」

絹村さんおすすめフォントはこちら!

フォーク

Helvetica

※画像はHelvetica Light

優雅宋

※画像・リンク先は優雅宋 W3 TrueType for Win

ぼくたちのゴシック

しねきゃぷしょん

GMOペパボ株式会社 木坂名央さん

minne事業部プロダクトチームでデザイナーを務めていらっしゃる木坂名央さん(以下、木坂さん)。minneアプリのUIデザインなどをご担当されているそう。おすすめのフォントをうかがってきました。

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

木坂さん「『こぶりなゴシック』が気に入っています」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

木坂さん「まず名前がいいですね。名前のとおり、字面がこぶりなフォントです。ぱっと見いたってふつうのゴシックなのですが、その素直でやわらかい雰囲気が大好きです。そして仮名がとても美しい!『お』のくるっとしている部分が丸くなっているところも好きなのですが、特に好きなのは『と』です。小動物がすっと立ち上がったようなかわいさがあります。『こぶりなゴシック』はフォントサイズを小さくしてもゆったりしていて、ペーパーアイテム等に使用すると、ずっと読んでいられるやさしいフォントでもあります」

―実際にどのように使われているかを教えてください。

木坂さん「わたしは普段アプリのデザインをしています。アプリでは各OSのシステムフォントを使用するため、悲しいことにフォント選びの機会はほとんどありません。そんな中、minneの小さなパンフレットを作ったときには『こぶりなゴシック』をメインで使いました。このフォントのしっかりしているけど、のびやかで品もある、そんなところがminneにぴったりでした。フォントそれ自体が持つ印象と、伝えたい内容がカチッとはまったときはとても気持ちがいいです」

木坂さんおすすめフォントはこちら!

こぶりなゴシック

株式会社シンクスマイル 漣綾奈さん

「したことない。をへらす」を経営理念に掲げる株式会社シンクスマイル。飲食店や美容系サービスなどを割引価格でお試しできる、「トラコレ」などのサービスを手がけています。企画開発部アートディレクターの漣綾奈さん(以下、漣さん)おすすめのフォントとは?

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

漣さん「游ゴシック体がおすすめです」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

漣さん「ゴシック体ですが少し丸みがあり、やたらと太すぎないのでやさしい印象を与えられ、汎用性があると思います。メイリオやヒラギノは無難かもしれませんが、『無難』だと伝えたい印象やテキストの内容もあたりさわりなく伝わってしまうことが多いです。個人的には、デザイン性のある游ゴシック体が扱いやすいです」

―実際にどのように使われているかを教えてください。

漣さん「文字間に多少バラつきはありますが、WEBでは読みやすいほうのフォントだと思うので女性をターゲットにしたページやバナーに使います。店舗向けのPOPやフライヤー、または求人広告などの印刷物でも広く使いますが、半角英数字が少し細長いので合成フォントで補って使います」

漣さんおすすめフォントはこちら!

游ゴシック体

株式会社はてな 安間貴樹さん

2001年の創業以来、「はてなブログ」「はてなブックマーク」をはじめとする多種多様なサービスを提供し続ける株式会社はてな。今回お話をうかがったのはデザイングループに所属するシニアデザイナーの安間貴樹さん(以下、安間さん)です。

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

安間さん「最近リリースされた等幅フォントのOperator Monoをおすすめしたいです」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

安間さん「たくさんの等幅フォントからコーディングに最適なものを探そうと、いろいろ調べたり検証したことがありまして、それ以来Menloを使ってきました。MenloはBitstream Vera Sans Monoと、それに変更が加えられたと言われるDeja Vu Sans Monoをもとにデザインされたことで洗練されていますし、コーディングしやすいフォントだと思います。
  
Operator Monoは、それらとは骨格から大きく違っていて、イタリックの一部はスクリプトになっていたり、sans-serifなのにセリフがついていたり、実験的な側面もありますが、これまで大きな動きのなかった等幅フォントに欧文の豊かな表情を組み込もうとしていて楽しめます」

―実際にどのように使われているかを教えてください。

安間さん「コーディングに利用しているAtomで使っています。欧文はOperator Mono、和文は遊ゴシックの組み合わせが気に入っています。AtomはCSSで部分的にフォントを変えることが出来るので、HTML上のclassやidなどの属性名をイタリックにしたり、AtomのツリービューやタブもOperator Monoで表示するように設定しています」

安間さんおすすめフォントはこちら!

Operator Mono

安間さん「MenloはNの幅を広げたりゼロのドットをスラッシュに変えるなど、より認識しやすくするための変更をしていることが分かります」

ミューズコー株式会社 靏飼佑子さん、吉田光志さん、小林千絵さん

(左から靏飼さん、吉田さん、小林さん)

ファッション通販「MUSE & Co.」を運営するミューズコー株式会社。デザイナーとして活躍される3名の方にお話をうかがいました。

靏飼佑子さん

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

靏飼さん「ADAM.CG PROです。light Versionは購入する必要がありますが、Regular Versionはフリーダウンロードです」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

靏飼さん「モダンな印象を与えるフォントのひとつである『Futura』のインスパイアを受ける書体です。『Futura』に似ているフォントなので、Windowsユーザーは、代替フォントとして使用してもいいかもしれません。ADAM.CG PROは、随所に丸みのある造形が見られ、かわいらしい部分もあります。『B』が特徴的でかわいいです」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

靏飼さん「タイトルや見出しなど、強調したい部分に使用しています。モダンな印象のフォントなので、色ベタの上に載せるだけでも印象的ですし、情報量の多い写真の上に載せても、埋もれることなく、一気にモダンな雰囲気・おしゃれな感じが出て、今っぽくなります」

吉田光志さん

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

吉田さん「Optimaがおすすめです」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

吉田さん「なんといってもラインや形の美しさが他のフォントに比べ際立っている点です。また、他に似たようなフォントが少なく、サンセリフよりもエレガントでセリフのようにエレガントすぎないところが使いやすいですね。サンセリフのHelveticaやセリフCaslon等のように万能フォントではありませんが、ファッション・コスメなどのカテゴリーの中では守備範囲が広いと思います」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

吉田さん「自身の経歴の中で化粧品やファッション関係を扱うことが多かったので、大人の女性をターゲットにした、爽やかで且つ美しいデザインを制作したいときに使用します。ロゴであったり、キャッチであったりが大半です。可読性が高いので装飾用にはあまり使用していません。ただ様々なところで使用されているため、有名ロゴと同じようなアルファベットの並びのものに使ってしまうと偽物っぽくなってしまうので注意しています」

小林千絵さん

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

小林さん「Google FontsのStraitです」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

小林さん「このフォントのページにもあるように、スペースが少ない箇所にたくさんの文字を表示させたい時に有効です。縦に長めの作りで機密性を緩和させつつ、『k』のように線の重なりの複雑さを避けて可読性を高めています。機能性はもちろんながら、線の先を少し細く絞ったりと強弱があり、機械的ではないチャーミングな風合いを感じます。使いすぎると暑苦しくなるので、効かせたいところに計画的に使うのをおすすめします」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

小林さん「これは自ブログの中のタイトルやポイントになる表示部分に使っています。自転車ライフブログなのでメカニカルな印象と、それでいて力の抜けた感じも欲しかったので。ラフなイラストと合わせると、フォントの抜けた風合いが呼応してクラフトっぽい印象になったと思います。タイトルが長いのですっきり収めてくれるのも良かったですね」

お三方のおすすめフォントはこちら!

ADAM.CG PRO

※画像・リンク先はADAM.CG PRO light Version

Optima

Strait

Retty株式会社 安達みずきさん

実名口コミNo.1を誇るグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社。デザイナーを務められている安達みずきさん(以下、安達さん)のおすすめフォントとは?

―実際に使っている、または過去に使ったことがあるおすすめのフォントを教えてください。

安達さん「モリサワの見出しゴシック(見出ゴMB31)です」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

安達さん「ゴシック体ですが落ち着いた印象を持っているため、力強さと高級感を同時に出せる点です。他のゴシック体ではうるさすぎるというときは、フォントを見出しゴシックに変えるだけでまとまりが出たりします。シンプルなデザインにも良く合い、写真などのビジュアル要素と合わせても主張しすぎないので、とても重宝しています。フリーフォントではありませんが、使い勝手の良さを考えるとかなりお得な書体だと思います!」

―上記のフォントは、特にどのような点がおすすめでしょうか。

安達さん「その名の通り、見出しやバナー中のメイン文言に使用しています。親しみやすさの中に高級感を持たせたフォントデザインは、当社のサービスであるRettyのコンセプトにも非常にマッチしていますし、私自身もとても気に入っています。デザイン業務以外にも、社内資料や個人のスライドなどで大活躍しています」

安達さんおすすめフォントはこちら!

見出しゴシック

わずかな違いが全体を変える

毎日何気なく見ているページやバナーでも、実はプロの目で厳しく選ばれたものなんです。見やすさや全体の美しさなど、用途によってそのポイントもさまざま。

フリーフォントも何点か教えていただいたので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

(image by GIRLY DROP)