3月21日にアメリカで開催されたイベント「Let us loop you in.」で新しいiPhone、「iPhoneSE」が発表されました!Appleファンやガジェット好きの方にはたまりませんね。

今回は、イベントで発表されたiPhoneSEのデザインやスペックがどのようなものかご紹介します。

デザイン

新製品の発表に度に注目されているデザイン。iPhone6からはデザインが変わり、サイズが4.7インチとユーザーに衝撃を与えました。大画面で動画やゲームを楽しめるようになりましたが、手が小さい人にとっては少し扱いづらかったのです…。

iPhoneSEはサイズが小さくなり、デザインはiPhone5Sと同じに。コンパクトになったため、手にスッポリと収まります。

これなら手が小さくてもストレスなく使えそうですね。また、カラーはスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色に。

スペック

デザインも重要ですが、何よりスマートフォンは中身。見た目はiPhone5Sと同じでも、スペックはどうなのでしょうか。

iPhone6Sと同じチップを搭載

A9チップと呼ばれているチップをiPhoneSEに搭載。このチップはiPhone6Sにも使われています。iPhone5Sと比べるとパフォーマンスは2倍以上になるのだとか。

また、ハードウェアはiOS9。バッテリーの持ちが従来のハードウェアよりもよく、思う存分使っても電池切れになることはありません。

また、メモ機能も強化され、気になった記事やつぶやきを忘れずに残せます。

カメラは12メガピクセル、4K動画も撮影可能

スマートフォン片手に写真撮影が当たり前になりましたね。iPhone6Sは綺麗な写真が撮れると言われていますが、iPhoneSEはどうでしょう。

背面カメラは12メガピクセル(1,200万画素)で、iPhone6Sと同じくらい美しい写真を撮れます。さらに、写真を撮影時の前後の動きや音を保存してくれる「Live Photos」も備わっています。

動画は最も綺麗な4Kで撮影できるので、「これぞ!」というときにはぜひ、カメラを回してみてください。

3月24日から予約開始!

モデルは16GBと64GBの2種類。発売日は、なんと3月31日に発売するそうです。「絶対に手に入れたい」「発売日に欲しい」という方は3月24日から予約できるので予約しておきましょう。

現在、日本ではauが3月31日に発売し、予約は3月24日の16時01分から受け付けると発表しています。

約5万3千円で最新モデルをゲット!

そして、最後に気になるのが値段。iPhoneの新製品は洗練されたデザイン、最高のスペックのため毎回高額になります。今回も見た目はiPhone5Sですが、中身はiPhone6Sのため高くなりそうですね。

イベントでの発表によると、下記のようになりました。

16GB 399ドル/日本円:5万2,800円(税別)
64GB 499ドル/日本円:6万4,800円(税別)

5万円を切ることはありませんでしたが、16GBのiPhoneSEは非常に手の届きやすい値段に。iPhone6Sは安くても8万円以上したため、64GBのモデルと比較しても低価格です。

入学祝いにiPhoneを買ってあげたいけど値段が…と迷っていた保護者の方には朗報ですね。

iPhoneSEは高機能で低価格なスマホ

simフリーの端末や格安スマホの登場により、「高スペックだけどiPhoneはちょっと…」と敬遠されがちでした。しかし、今回発表されたiPhoneSEは機能と価格の両方の面で、満足できるのものではないでしょうか。

また、iPhone5Sのデザインが好きで使い続けていた方にとっては、買い替えのチャンスですね。

(image by 筆者)