2016年3月22日にiOS9.3がリリースされました。今回のアップデートで、NightShiftモードの追加やCarPlayが充実。

また、メモアプリにパスワードをかけられるようになりました。この機能は、メモ全体をロックするのではなく、個別にロックをかけられるため、見られたくないものだけロックできます。

そこで今回は、書いたメモをロックする方法を紹介します。

メモをロックする方法

メモを開き、共有ボタンをタップ

保護したいメモを開き、右上にある共有ボタンをタップします。メニューが表示されたら、「メモをロック」をタップ。

パスワードを設定する

画面が切り替わり、パスワードを設定します。パスワード、確認、ヒントの項目を入力したら、「完了」をタップしてください。

今回設定したパスワードは、メモアプリ専用のパスワードです。そのため、iPhoneのロック解除やApple IDのパスワードとは別物だということを忘れずに。

ロック完了

パスワードの設定を完了すると、メモ画面の右上に「鍵マーク」が表示されていると思います。

このマークが表示されていれば、iPhoneがスリープすると自動的にメモをロックしてくれます。また、今すぐにロックしたいときは鍵マークをタップするとロックがかかる仕組みです。

ロックを解除する

ロックすると、「このメモはロックされています」と表示され、内容を見ることはできません。中を見たいときは「表示」をタップし、設定したパスワードを入力して解除しましょう。

Touch IDを有効にする方法

設定を開き、メモをタップ

メモを開いたら「パスワード」の項目をタップ

続いて、「Touch IDを使用」をオンにすると完了

ロックを解除しようすると、「“メモ”でTouch IDを使用」と表示されます。登録してある指紋でホームボタンに触ると、すぐに解除されます。

ロック機能はiCloudのメモのみ

今回のアップデートで追加された保護機能はiCloudのメモのみ対応しています。そのため、他のアプリのメモを使用していても、ロックすることはできないので注意しましょう。

(image by amanaimages)