July 10, 2020

服や家具だけじゃない!サービスまで買える「メルカリアッテ」とは | ミライFAN [ミライファン]

メルカリのグループ会社である株式会社ソウゾウが「メルカリアッテ」を正式にリリースしました。ベータ版として公開されていたときは招待制でしたが、現在はアプリをインストールすれば誰でも使用可能。

そこで、メルカリは使ったことある、聞いたことはあるけど「メルカリアッテ」とはどんなもの?という方に向けて、アプリの使い方を紹介します。

メルカリアッテとは?

フリマアプリとして人気のメルカリは、アプリ上で商品のやり取りをしますが、「メルカリアッテ」はスマートフォンのGPSを使い、実際に会って服や家具などの売買をします。

また、商品はモノだけでなく、転職相談や英会話などのサービスも売買可能です。

現在公開されているアプリはiPhone版のみですが、近日中にAndroid版も配信されます。

ダウンロードはこちら(iPhone)
会員登録をする
メルカリアッテに商品を投稿したり、購入するには会員登録が必要です。会員登録はアプリインストール時にメールアドレスを登録したら完了です。

メルカリアッテに投稿する方法
会員登録が完了したら、商品やサービスを投稿してみましょう。

画面右下の「投稿」ボタンをタップ

カテゴリーを選択します

詳しい募集内容を記入

必須項目である、画像、商品名、募集内容の説明、詳細カテゴリーを入力して、「投稿する」ボタンをタップしたら完了です。

メルカリアッテで募集を探す方法
スマートフォンのGPSを利用して、現在いる場所の付近で募集されているものが表示されています。

また、「渋谷区渋谷(徒歩圏内)」と書かれているところをタップして行動範囲を広げてみましょう。「徒歩圏内、自転車圏内、バス圏内」と書かれたバーが表れ、変更すると他の地域の募集内容も表示されます。

手渡しアイテムから探す
「手渡しアイテム」に掲載されている商品は、持っている人に会いに行き、商品を購入。金額欄に「無料」と書かれている商品は、もちろんタダでもらえます!

サービスから探す
「サービス」に掲載されているものは、英会話のレッスンなどのサービスです。また、求人情報も掲載されているので、仕事を探している方は覗いてみるといいかもしれませんね。

仲間・イベントから探す
「仲間・イベント」には商品やサービスとは違い、一緒に「何か」をする人を募集しています。飲み仲間だったり、バンドメンバーの募集だったりといろいろ。

誰かとワイワイ楽しみたい、友達が欲しいという方は参加してみては?

欲しい商品や受けたいサービスを見つけたら、応募する
応募ボタンをタップ
欲しい商品や受けてみたいサービスを発見したら、応募ボタンをタップしてください。

「応募しますか?」と書かれた確認画面が出てくるので、「応募する」をタップ。これで応募が確定します。

チャットでやり取り
チャット画面に切り替わるので、投稿者とチャットでやり取りしながら、待ち合わせ場所や金額を決めましょう。

もちろん禁止事項もあるので気をつけて!
メルカリアッテにはいくつか禁止されていることがありますので、投稿の際は注意してください。投稿削除だけでなく、アカウント凍結ということも十分ありえます。

禁止されている行為
異性との出会いや悪質なセミナー、宗教活動などを投稿するのは禁止されています。

例えば「レンタル彼氏」「デート相手募集」などの投稿をすると、投稿は削除され、アカウント停止に。また、メルカリアッテだけでなく、メルカリや将来的に提供されるサービス全てが使用禁止になります。

禁止されている商品
偽のブランド品や下着類、サプリメント類、オンラインゲームのアカウントなどは投稿できません。こちらも同様に投稿した時点で利用規約違反とされるので、やめましょう。

対策
不適切な投稿の対策として、NGワードの設定や24時間人間の目によるチェックが入っています。しかし、それらの目をすり抜けて投稿されていることもあるので、怪しい募集には応募しないように。

また、チャットでのやり取りの際に性別やおかしなことを聞かれたときは、それ以上書き込みをぜず、チャットを中止してください。

今後は、評価機能が実装されるとのことなど、あまりに評価が悪い人には注意し、なるべく近づかないようにしましょう。

教室を開きたい方は利用してみる価値アリ!?
今までのフリマアプリやオークションアプリは、服や家具などのモノしか販売することしかできませんでした。しかし、メルカリアッテは商品だけでなく、サービスも売ることができます。

特に、自宅や部屋を借りて教室を開きたいと思っている方は利用してみると、参加者も集まるのではないでしょうか。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)