iPhoneのキーボードに搭載されている「予測変換学習」は、入力を手助けしてくれるので便利ですよね。

しかし、長く使っているとさまざまな単語が候補に上がるため、目的の言葉が表示されず、変換に時間がかかることが…。

そこで今回は、予測変換のバーに表示される単語をリセットしてスッキリさせる方法を紹介します。

変換学習をリセットする方法

設定をタップし、一般をタップ

リセットをタップ

画面をスクロールして、一番下の「リセット」をタップしてください。

「キーボードの変換学習をリセット」をタップ

その中の「キーボードの変換学習をリセット」タップし、続いて「辞書をリセット」をタップすると、予測変換がリセットされます。

「辞書をリセット」とありますが、ユーザー辞書が削除されるわけではないので、登録や設定をもう一度する必要はありません。

変換学習がリセットされる

リセット前は「あ」と入力すると、予測変換のバーには「赤、あだ名、相打ち、あ」と表示されています。

リセット後は「あ、ああ、愛、あい」と表示され、リセットされたことが確認できます。

リセットして個人情報を守る

予測変換学習は非常に便利で、入力したことがある言葉や文字はすべて記憶しています。

そのため、会員制のWebサイトなどにログインしたとき、IDやパスワードが予測変換のバーに表示されてしまうこともあるようです。

もし、個人情報が表示されてしまったら、すぐにリセットしましょう。

(image by 筆者)