レコードやCDといったパッケージにとってかわり、近年では音楽ストリーミングサービスが主流になっています。Apple MusicGoogle Play MusicSpotifyは、その最たる例。なかでもSpotifyは、他の音楽ストリーミングサービスよりもはるかに多い楽曲を提供しています。そのうえ、先日はファミリープランの価格を大幅に引き下げました。

とはいえ、現時点(2016年5月)でのSpotifyの日本上陸は未定。音楽ファンとしては残念極まりないですよね。

しかし、実は日本でもSpotifyで音楽を聴けるんです! そこで、日本でSpotifyを使う方法を紹介します。iPhoneさえあれば準備OKです。

海外のIPアドレスに変更する

Spotifyを日本で利用できない理由は、Spotifyが日本のIPアドレスでのアクセスを制限しているためです。そのため、IPアドレスを海外のものに変更することが必要。

そこで、IPアドレスの変更におすすめのアプリが、TunnelBearです。

iPhoneにTunnelBearをインストール

TunnelBearは、その名の通りクマが目印。まずはアプリをダウンロードします。

名前、メールアドレス、8文字以上のパスワードを設定。利用規約に同意すると新規アカウントが作成されます。

iPhoneにVPN設定をインストールする必要があることが表示されます。そこで、画面の下部にある「準備ができました」をタップしましょう。

すると、ポップアップが表示されるので「Allow」をタップ。iPhoneの設定画面に切り替わります。Totch IDで指紋認証をするか、もしくはパスコードを入力するとインストール完了となります。

インストールが完了すると、TunnelBearの画面に戻ります。設定したメールアドレスにメールが送信されます。

このようなメールが届きます。ここで、「アカウントを確認」をタップしましょう。

これでTunnelBearを使うことができるようになりました!

アメリカ版Apple IDを作成

次はアメリカ版Apple IDを作成します。

Spotifyのアプリは、日本のApp Storeでは公開されていません。そのため、アメリカ版Apple IDが必要。クレジットカードなしでも登録できます。

PCがない場合でも、iPhoneがあればアメリカ版Apple IDを作ることができます。

海外の住所がないと、海外版Apple IDを作成できません。虚偽の住所を使用することもできますが、最悪の場合はアカウント停止や削除になることも。自己責任でお願いします。

アメリカ版Apple IDを作るには

App Storeの一番下にあるApple IDをタップして、サインアウトします。

無料アプリを適当に選択して、「インストール」をタップ。サインインのポップアップが表示されるので、「Apple IDを新規作成」を選びます。

メールアドレス、パスワード、秘密の質問などを入力します。アメリカ版Apple ID専用のメールアドレスを事前に作っておくと良いでしょう。

この画面で、日本でなくUnited Statesを選択します。すると、利用規約の画面が表示されるので「Agree」をタップ。

クレジットカードでの支払いの選択です。ここでは「None」を選びます。

アメリカ国内の住所を入力します。友人や知人がアメリカに住んでいる場合は、その住所を借りることをおすすめします。しかし、現地のホテルやApple Storeの住所を使うかたが多いようです。ここでは、オレゴン州のApple Storeの住所を入力しています。

Pioneer Place - Apple Store - Apple

入力を終えたら、「Next」をタップ。登録したメールアドレスにメールが送信されます。

メールが届いたら「Veryfy now」をタップして、設定したApple IDとパスワードを入力します。

これでアメリカ版Apple IDができました。Spotifyを使えるまで、あともう少し!

Spotifyをダウンロード

海外のIPアドレスに変更できるTunnelBearのインストールが済みました。そして、アメリカ版Apple IDの作成も完了。これでアメリカのApp Storeにしかないアプリをダウンロードできるようになりました。つまり、日本でもSpotifyを使う環境がととのったのです!

最後に、海外のIPアドレスに変更したあと、アメリカ版iTunesでSpotifyをダウンロードします。

まずTunnelBearを開く

TunnelBearを開くと、この画面が表示されます。クマが日本のトンネルにいるため、この時点ではまだ日本のIPアドレスです。

画面を右へスワイプします。アメリカ大陸にトンネルが見つかったら、そのトンネルをタップ。しばらくすると日本にいたクマがアメリカ大陸に出現します。

「接続は安全です。」というポップアップが表示されたら、海外のIPアドレスへの変更が成功した証です!

App StoreでSpotifyをダウンロード

アメリカ版App Storeにアプリを切り替えます。Spotifyを検索してダウンロードしましょう。

ダウンロードができたら、Spotifyを開きます。なんと、驚くべきことに日本語表示! 右下の「登録する」をタップします。

登録にはFacebookアカウント、もしくはメールアドレスが必要。どちらかを選択したのち、プライバシーポリシーに同意すると登録完了です。

利用規約には「Spotify提供地域以外からの、特殊な手段を利用したアクセスでの登録は許可されていない」と書かれています。登録は自己責任でお願いします。

これで日本でもSpotifyを使って音楽を聴くことができるようになりました!

Spotifyで豊かな音楽ライフを

ジャンルや国籍を問わず、多くの楽曲が揃うSpotify。新たな音楽との出会いができそうです。音楽好きにとっては天国のようなアプリになること間違いなし!

しかし、面倒なことをせずに、Spotifyを簡単に使いたいところ。Spotifyの本格的な日本上陸が待ち遠しいですね。

(image by 筆者)