はじめに

パソコンのこと、よくわからないけれど、旅行で撮った写真を友達と共有したいだとか、家で作ったファイルを外出先のノートパソコンでで見たいなどということがあるかもしれません。

今までは、そういった場合、メールで転送したり、USBメモリに保存して持って行き、他のPCにコピーするというやり方をされているかもしれません。

今回は、パソコン初心者にもわかる、ファイル同期が簡単にできるDropboxの使い方やオススメポイントをご紹介します。

Dropboxってなに?

複数のパソコンでファイルを共有できる

例えば、自分のDropboxのフォルダに写真を入れたとします。友人のパソコンにも、同じようにDropboxを入れ、フォルダを共有するだけで、友人のパソコンでも同じ写真を見ることができます。

メールで添付する場合、たくさんある場合は圧縮したり、複数に分けて送らないといけなかったり、何百枚もあると、送ること自体、億劫になってしまったあの作業をしなくていいのです!

PCが壊れたりなくしたときに備えて、データをバックアップしておきたい

複数のパソコンで同じフォルダを共有しておけば、今使っているパソコンが、ある日突然壊れてしまっても、他のパソコン(新しく買ったパソコン)で同じファイルを見ることができます。

ファイルを間違って上書きしたり消しても、復元できる

自動的にバックアップをしてくれるので、間違えて上書きしてしまった時でも、戻すことができます。

高速で同期できる

フォルダ内で変更があると、変更のあった部分だけを更新するので高速で同期できる。

どうやって使うの?

Dropboxでアカウントを登録して、サイトから専用アプリケーションをダウンロード、インストールする。

ダウンロード方法は、ファイル同期のDropbox入門と、便利テクニックまとめのレシピに紹介されているので、こちらを参考にしてください。

My Dropboxフォルダを開く

ダウンロード後は、マイドキュメントの中に、【My Dropbox】というフォルダができますので、開いてみましょう。最初から、Photo、Publicというフォルダがあるはずです。testは著者が作りました。

Publicフォルダは、広く公開するものになるので、むやみに使わず、フォルダ内で右クリック→新規作成→フォルダで、自分でフォルダを作りましょう。

同期したいファイルをフォルダに入れる。

他のパソコンで見たい写真や文書を入れる。

容量の上限は2GBですので、必要に応じて同期するファイルを選択しましょう。

ファイルを入れると青いマークになり、この時はファイルを同期中。

マークが緑になったら、動機完了。

基本的には、ひとまず、これで準備ができました。次は他のパソコンでこのフォルダ(ファイル)を見る方法です。

他のパソコンにも同期させる。

他のパソコンに自分のアカウントを登録

同期したいパソコンで、DropboxのWEBサイトに行き、作ったアカウントでログイン、専用アプリケーションダウンロード、インストールする。

同期が完了すれば、フォルダの中身を見ることができます。

違うアカントとファルダをシェアする

DropboxのWEBサイトにログインし、【sharing】タブの中の【Share a folder】をクリックする。

シェアするフォルダを新しく作るか、既に作ってあるフォルダをシェアするか選択する。どちらかを選んで次へ進む。

シェアしたい人のメールアドレスと必要であれば、下にコメントを入れて、【Share Folder】をクリック。相手がメールから手続きをすれば、フォルダがシェアできます。

おわりに

複雑に思えるかもしれませんが、Dropboxでアカウントを作り、専用アプリケーションを自分のパソコンにインストールし、そこにできたフォルダに、共有したいファイルを入れるだけです!

あとは、他のパソコンに自分のアカウントを設定するか、他のアカウントとシェアをするかの作業をするだけ。

とても簡単なので、パソコンがよくわからない初心者さんでも、ファイルを共有してみたいという方にオススメです!