みなさん初めまして、DigitalFan編集部のキリコと申します。

突然ですが、飲み会マッチングアプリ「JOIN US」をご存知でしょうか。

私はとにかく飲み会が大好きで、365日誰かと飲んでいたいのですが、私のような飲み会大好き人間のみなさんにはおそらくこんな悩みがあるかと思います。

  • 飲み会は好きだけど、「飲みに行ける人を探して、さらに時間と場所を調整して…」って工程が面倒くさい
  • 大抵いつも同じメンバーなので飽きてきた
  • 仕事が忙しく当日にならないと予定がわからないので誘いづらい
  • そもそも付き合ってくれる友人があまりいない

などなど。そんな悩みを解決してくれるのが、「JOIN US」なんです。

飲み会マッチングアプリ「JOIN US」とは

JOIN US(ジョイナス)は、Facebookのアカウントを利用して登録できる会員制飲み会マッチングアプリ。半径20キロメートル以内にいるユーザーが一覧で表示されて、メッセージをやりとりのうえ合流して飲み会をすることができます。

ちなみに登録の際には審査が入り、その通過率は約30%とかなり厳しめ。ユーザーが安心してマッチングできるよう、しっかりチェックしているのだそう。

筆者の考えるJOIN USの良いところは、毎回「Facebook上の友達をリストに表示するかしないか」を選べることろ。これがとっても便利で、「表示する」を選べば「今日飲みたがってるリアルな友達」が一目で分かるので、いちいち連絡を取って今日空いてるか確認する…という手間が省けてスムーズに合流ができます。「今日は新しい飲み友達を探したいな」という日には、「表示しない」を選べばリアルな友達は除外されます。その日の気分によって使い分けられるので、すごく活用できますよ。

登録方法などより詳しく知りたい方はこちら↓↓

中の人と一緒に飲んでみた

JOIN USを運営している株式会社Vikonaの社員、大久保さんにお話を聞いてみました!

簡単に自己紹介をお願いします!

大久保です。23歳女性です。JOIN USには携わってまだ4ヶ月なのですが、もともとかなりのヘビーユーザーでした。

ユーザーの実態はどんな感じですか?

ユーザーは男性が多いですね。比率は7:3くらい。さらにアクティブユーザーでいうと、8:2くらいになってしまうので男性からするとなかなか厳しい世界なのが現実です。

職業はやはりIT系が多かったのですが、最近日本経済新聞に大きく記事が載ったり、TOKYO MXの「5時に夢中!」で取り上げていただいたりしたので、職業の幅はぐっと広がりましたね。

女性目線で見る「マッチングしやすい人」

さて、ここからは筆者と大久保さんのガチトークです。ちなみに同じく筆者も23歳のヘビーユーザー。

そもそも勘違いして欲しくないのが、「飲み友達を探すためのアプリ」であるということ

筆者「私は結構男女関係なく会うし、JOIN USのおかげで週1で飲むような仲の良い女の子の友達も出来たんですけど、大久保さんはどうですか?」

大久保さん「私もたまにですが女性とも会いますね。男性のユーザーさんで、男性とマッチングして飲んだ話もよく聞きますよ。」

筆者「あ、男性同士もあるんですね〜!」

大久保さん「そうなんですよ。そもそも大前提として、"お酒が好きで飲み友達が欲しい人"の集まるアプリなので、性別は気にしないユーザーが多いです。」

筆者「確かに、本当の飲み好きほど気にせずメッセージ送ってくる印象。」

大久保さん「ですが残念なことに、いわゆる男女が1対1で出会うためのマッチングアプリだと勘違いして利用している方がいるのも事実。一通目から『かわいいですね』なんてメッセージを送ってくる人がたまにいるんですけど、違うんです。あくまで今夜の飲み仲間を探すために使っているので。」

筆者「あー、たまにいますね!笑」

大久保さん「度を超えた言動をするユーザーがいた場合は、通報&ブロック機能をどんどん活用して欲しいです。まずアプリの会員としてふさわしくないし、先述の通り男性より数の少ない女性ユーザーを徹底的に守っていきたいと考えていますので。本当の飲み好きが快適に使えるクリーンなアプリにしたいです。」

あくまで飲み会マッチングアプリであることを忘れてはいけない

実際に会ってみたい!と思わせる人はこんな人

筆者「『メッセージのやり取りはするけどなかなか実際に合流して飲むまでに至らない』という声をわりと耳にするんですけど、どう思いますか?」

大久保さん「そうですね。もともとメッセージ交換が無料なのと、最近Good Vibesといういいね!機能が追加されたことにより、連絡を取るハードルがより低くなりました。つまりは、手軽にやり取りできるけど、その分実際にマッチングできる人は限られてくる。」

筆者「なるほど。それならなおさら、ここで「こういう人が会いやすい」っていうのを伝授して、少しでもマッチング率を上げたいです。」

大久保さん「そうですね。私が会ってみたいなと思う人は、やっぱりより詳細にプロフィールを書いている人ですね。」

筆者「私もそうです!職業、できれば会社名まで書いていて欲しい。それと、顔写真も多ければ多いほどいいです。」

大久保さん「女性ならまだいいんですけど、自撮り写真をプロフィール画像にしている男性は苦手ですね…。少ない情報で即判断してさっと合流したい人がほとんどだと思うので、なるべく人柄の分かるような写真を載せていて欲しいです。」

筆者「そうですね。『プロフィールという武器』をフル装備にすべし!顔写真すら載せてない人は、丸裸で戦場に飛び出すようなものですよ。」

大久保さん「笑。そういえば私のプロフィール写真にあった泡パック中のぶっさいくな写真、相当気に入ってくれてましたね。」

筆者「ああ!あれ!そうそう、ちょっと面白い写真とかあると秒速でメッセージ送っちゃいます、私。おもしろ写真はそれだけで話題になるので、メッセージを送るハードルをかなり下げてくれます。」

プロフィールはより詳細に、顔の分かる写真は必須!

飲み友達が欲しい人は絶対にダウンロードすべし!

冒頭で触れた「飲み会大好き人間の悩み」をこんなにも解決してくれる飲み会マッチングアプリ「JOIN US」、ぜひぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

筆者も愛してやまないアプリなので、より会員数が増えてたくさんの飲兵衛たちが幸せになればと思っています。

ダウンロードはこちらから!

(image by 筆者)