今秋リリースのiOS10の純正マップアプリで、ついに乗換案内が日本でも利用できるようになります。

今まで乗換案内は別のアプリで、そして駅から目的地までのルート検索はマップアプリを使っていたかたにとって朗報ですね。乗換検索もルート検索も全部ひとつのアプリで済んでしまうのですから。

乗換案内だけでなく運賃比較も

iPhoneの純正マップアプリに乗換案内が導入される旨は、日本のApple公式サイト内のiOS10プレビューページに掲載されています。

さらに嬉しいことに、乗換案内のみならず、ルート別の運賃比較や地下鉄の駅同士をつなぐ連絡通路のルートも表示されるのだとか。ということはつまり、山手線有楽町駅から京葉線東京駅の長くてうんざりする地下通路も案内してくれるはず。これで少しはストレスを軽減できそうです。

iOS10で進化するマップアプリ

昨年のiOS9リリース時には、純正マップアプリで乗換案内を利用できた国はごくわずかの国々の地域に限られていました。しかし、Appleは将来的にアジア全土で乗換案内の導入を目指しているそうです。

とはいえ、Google Mapsではすでに何年も前から乗換案内を取り入れています。しかし驚くべきことに、実はiPhoneの純正マップアプリはGoogle Mapsの3倍もの利用者数を誇っているのです。

そのうえ、iOS10では純正マップアプリがデベロッパー向けに公開されます。そのため、純正マップアプリにサードパーティー製アプリを組み込むことが可能に。そのおかげで純正マップアプリからUberを使って車を呼び出すなんてこともできちゃいます。つまり、iPhoneの純正マップアプリはiOS10でぐんとパワーアップするのです。

そんなiPhoneの純正マップアプリとしのぎを削るGoogle Maps。今後どのような動きをみせるのでしょうか。両者の争いはさらに熾烈化しそうですね。