アメリカ特殊作戦軍が軍隊の使用端末をAndroidからiPhoneへの乗り換えを検討していることを、DoD Buzzが報じています。

以前、アメリカ軍が使用していた端末は「Android Tactical Assault Kit」。噂によれば、これはSamsung Galaxy Noteをベースとしたモデルといわれています。いっぽうで今後使用される予定となっている「iPhone Tactical Assault Kit」は、iPhone 6sの機能を搭載しているようです。

なお、この件についてアメリカ軍はまだ公式発表をしていません。

iPhone 6sに乗り換える理由とは

Samsung Galaxy NoteはiPhoneに比べて高スペックとの声もありますが、なぜアメリカ軍はiPhone 6sに乗り換えることにしたのでしょうか。

ソース元のDoD Buzzによれば「Androidはすぐにフリーズしやすいから」なのだそう。それに比べて「iPhoneは動きがスムーズかつ速い」と、述べられています。

グラフィック面でもiPhoneが優れている

iPhoneに乗り換えを検討しているもうひとつの理由として挙げられるのが、グラフィック面。

Androidを使用していたときは、画面に地上部隊のルートと上空部隊のルートの両方を示す分割画面を取り入れていました。しかし、DoD Buzzが述べるには、「Androidではすぐに画面が固まり、再起動しても正しくリフレッシュされない。時間のムダである。しかし、iPhoneはシームレスで、信じられないほどグラフィックがクリアだ」とのこと。グラフィック面で大きな差がみられたようです。

最近のGalaxy NoteはiPhone 6sとたいして変わらないが…

この件で興味深い点は、Samsung Galaxy Noteが何年のモデルか、ということ。たしかに2010年に発表された初期モデルであれば、もちろんiPhone 6sに劣りますが……。しかし、近年のモデルであれば、iPhone 6sとさほど変わりません。

意外にもアメリカ軍はApple製品を使用している!

実は、Apple製品がアメリカ軍に使用されるのはこれが初めてではありません。2010年にはイラクとアフガニスタンに派遣された部隊にiPod touchが配布されました。また、iPadは以前から使用されています。

使用端末をAndroidからiPhoneに変更するアメリカ軍の意図が気になります。アメリカ軍からの公式発表を待つのみですね。

(image by Samsung Galaxy Note 4 / Kārlis Dambrāns)