「服を買うために着ていく服がない……」、そんな悩みを解決してくれるかもしれない!

中国の大手ECサイトAlibabaは、現在「Buy+」とよばれるVRショッピングサービスを開発中です。このサービスは、VRヘッドセットを用いるだけでお店に行かずショッピングできるというもの。

「Buy+」のリリース時期については公式発表されていませんが、海外メディアVRScoutによればついに今年9月にリリースされると報じています。

人目を気にせず試着やシュミレーションができる

「Buy+」ではわざわざ実店舗に足を運ばなくても、ヘッドセットを装着すればいつでもどこでもショッピングを楽しめます。実に便利なサービスですよね。もちろんこのサービスのすべてはAlibabaの開発するVR技術の恩恵にあずかっています。

ひとたびヘッドセットを装着すると、ありとあらゆる商品が陳列されている光景が目の前に!

たとえばファッション。気になった商品を試着することができます。そのうえ、商品に触れると事細かに商品情報を表示してくれます。

おそらく質感を確かめることも可能なのでしょう。

VRを駆使してシュミレーションして買い物を楽しむこのサービスは、ファッションに限ったことではありません。インテリアを購入する際にも「Buy+」が役立ちます。

選んだ家具の寸法が部屋のサイズに合わせてスペースにきちんと収まるかどうかも、精密に計算済み。色もシュミレーションできます。これで「買ったものが部屋に収まりきらなかった」といった心配も無用ですね。

さまざまなものをじっくりと「お試し」しながらお気に入りの商品を購入できます。しかも、恥じらいも必要ありません。とくに洋服を買うときに言えるでしょう。自宅にいながらも試着が可能になるのですから。

ウィンドウショッピングからVRショッピングへ、時代は変わろうとしています。

なお、「Buy+」のサービス概要を紹介した動画がYouTubeにアップされています。ブラジャーを試着する男性の姿があったりと、不思議な雰囲気。

VRショッピングが示す、これからの販売戦略

オンライン上でのショッピングの利点といえば、わざわざ実店舗に赴かずに買い物ができるということ。とはいえ、想像していた商品と異なるものが届いて不満を感じたことがある人も多いはず。このようにそのような買い物はリスクが生じます。しかし、それらは「Buy+」のサービス開始によって解消されることでしょう。

気軽に、そして満足して買い物ができる「Buy+」がリリースされる日も秒読みだと思いますが、オンライン上でのショッピングの利用率が高まるとともに、それと相反する実店舗でのショッピングの力も強くなるでしょう。実店舗での販売ならではの工夫を凝らしながら、独自性を極めていくはずです。

「Buy+」は、世界市場の仕組みに一石を投じる存在となるかもしれません。