はじめに

不要なファイルをゴミ箱に入れていくと、ゴミ箱のなかはどんどん一杯になっていきます。

しかし本当に不要なものはゴミ箱からも削除するこができます。

ゴミ箱から削除を行うと特殊なソフトを使用しないかぎり元に戻すことができなくなります。

やり方

ゴミ箱を開き削除するファイルを選んで右クリックします。そしてでてきたメニューから「削除」を選択します。


すると

「このファイルを完全に削除しますか?」

と確認の画面がでます。

本当に削除してもいい場合はここで「はい」を選択します。

ゴミ箱の中身をすべて削除するには

ちなみにゴミ箱の中身をすべて削除してもいい場合は「ゴミ箱を空にする」のボタンをクリックします。

下記の画面のマウスのあるところのボタンです。

ゴミ箱が空だとすっきりしますね!

関連記事

不要なファイルをゴミ箱に入れずに完全に削除する方法
大切なファイルをゴミ箱に捨ててしまった時の戻し方