多くの人が使っているコミュニケーションサービス「LINE」。そのLINEが以前から発表していたMVNOサービス「LINEモバイル」が9月5日に正式発表されました。

さらに、2万契約限定で先行販売を開始することも発表!そこで今回は、先行販売の申し込み方法を紹介します。

申し込み方法

LINEモバイルの申し込みには、本人確認書類とクレジットカード、メールアドレスが必要となります。また、他社から乗り換える場合はMNP予約番号も用意してください。

以上のものが準備できたら申し込みページに移動し、利用端末やプランを選んで契約を行いましょう。

18歳未満の方は申し込みができません。また、20歳未満の方は親権者の同意が必要となります。

本人確認書類

申し込みには、スマートフォンのカメラやデジタルカメラ、スキャナーなどでアップロードしたものを提出してください。

本人確認書類として認められるものは運転免許証や日本国パスポート、住民基本台帳カードなどです。保険証は住民票などの補助書類が必要となります。

クレジットカード

支払いは、クレジットカードかLINE Payカード、またはLINE Pay決済となっています。クレジットカードは契約者名義と同一名義のみ利用可能です。

メールアドレス

携帯会社のキャリアメールを使用すると、MNPを利用した場合はキャリアメールが使えなくなるので別のメールアドレスを用意してください。

他社から乗り換える

docomoやau、Softbankなどのキャリアと呼ばれる携帯会社から乗り換えるとき「端末は持っているからSIMカードだけで大丈夫」と考えていると、思わぬ落とし穴にハマるかもしれません。

LINEモバイルのSIMカードを使えるのはdocomoの端末のみで、au、SoftBankの端末ではLINEモバイルのSIMカードは利用できないので注意して下さい。仮に他キャリア端末のSIMロック解除を行っていたとしても、場合によってSoftBankやauで購入された端末は利用できない場合があります。

docomo以外のキャリアから乗り換えるときは端末の同時購入を選択肢の一つです。

SIMロックが解除された端末を使っていて、LINEモバイルに申し込みをしたいという方は、持っている端末がLINEモバイルのSIMカードに対応しているか確認してから申し込みを行いましょう。

その他、分からないことがある場合はヘルプを見て各自で確認をしてください。

LINEモバイルで「LINE」が使い放題に!

LINEモバイルの最大の特長はLINE使用時において、データ通信量がカウントされないところです。さらにTwitterやFacebookも同じようにデータ通信量がカウントされないプランもあります。

日頃からLINEやSNSをよく使うという方にとっては非常にありがたいサービスとなりそうです。