KDDIが9月9日に、大容量データ定額サービス「スーパーデジラ」を、9月15日から提供することを発表しました。

利用者のデータ利用量に応じて「データ定額20」(月額6,000円)と「データ定額30」(月額8,000円)のどちらかを選べます。

月額6,000円で20GB分使いたい放題

「スーパーデジラ」は動画や音楽などのコンテンツサービスを利用するときに便利な大容量データ定額サービスです。「データ定額20」は毎月20GB、「データ定額30」は毎月30GB利用できます。

通話回数の制限なく5分以内であれば国内通話が無料となる「スーパーカケホ (電話カケ放題プランS)」と「データ定額20」を組み合わせれば「月額8,000円」から利用できます。さらに、auスマートバリュー最大2年間「月額6,590円」に。

5GBのデータ定額プランに1000円上乗せするだけで、毎月20GB利用できるのはとてもコストパフォーマンスが良いサービスと言えるでしょう。他のプランと組み合わせてもとてもお得なので、auユーザーは一度プランを見直してみてはいかがでしょうか。

また、「データくりこし」を活用することで、余ったデータ容量は全て翌月に繰り越すことができ、「スーパーデジラ」の提供開始日(9月15日)より「テザリングオプション」を無料で利用できるキャンペーンも実施します。無料期間は2017年4月までで、それ以降は月額1,000円となります。

なお、2016年9月14日をもって「データ定額8/10/13」の新規申し込み受け付けを終了します。現在「データ定額8/10/13」利用している方は、継続して利用可能です。

通信量を気にせずスマホコンテンツを楽しむ

コンテンツの質が向上し、例えば動画を一つ視聴するだけでデータ通信量が増大しています。しかし、スーパーデジラを利用すれば、データ容量を気にせず楽しめるようになりますね。