2016年9月16日に発売される『iPhone7/7 Plus』はイヤホンやヘッドホンの端子を挿せる、いわゆるイヤホンジャックが廃止されます。それにより、今まで有線のイヤホンやヘッドホンが使えなくなりました

今まで通り有線のイヤホン、ヘッドホンを使うには、同梱されている専用アダプタを使うしかありません。

ただ、この専用アダプタはLightning端子に挿して使うため、充電しているときにイヤホンが使えず不満が続出しています。

そこで今回は、iPhone7/7 Plusで充電しながら音楽を聞く方法を紹介します。

自宅では『iPhone Lightning Dock』を使う

iPhone7を充電しながら音楽を聞く方法として、Appleから発売されている『iPhone Lightning Dock』を使ってみましょう。

裏側に、3.5mmのヘッドフォンジャックがあり、ここに挿すことで充電しながら音楽が聞けるようになります。

ただ、iPhoneを立てて使うスタンド型のため、モバイルバッテリーを使って鞄の中やポケットの中では利用しづらく、外出には不向きでしょう。

そのため、自宅や職場などで机に立てて充電しながら使うのがベストです。

外出時には『Lightning Audio + Charge RockStar』を使う

外出時に充電しながら音楽を聞きたいときは、belkinから販売される『Lightning Audio + Charge RockStar』を使ってみましょう。

Lightning端子が2つに分岐しているため一方にイヤホンを挿し、もう一方を充電というように使えます。こちらは『iPhone Lightning Dock』と違いスタンド型じゃないため、モバイルバッテリーで充電しながら鞄の中でも利用可能です。

ただ、どちらもLightning端子のため、iPhone7に同梱されている専用アダプタを使って有線イヤホンを挿すか、Lightning端子専用のイヤホンを使うしかありません。

ワイヤレスイヤホンデビューもあり!?

マウス然り、ゲームのコントローラー然り、多くのものがワイヤレス化しています。ワイヤレスイヤホンも音質が向上し、普通に聞く分には申し分ないほどです。

これを機に、10月下旬に発売される『AirPods』を購入し、ワイヤレスイヤホンデビューするのもいいかもしれませんね。

(image by amanaimages)