ソフトバンクやKDDIが新定額サービスを発表するなか、ついにNTTdocomoが大容量定額サービス「ウルトラパック」を発表しました!

毎月20GB使える「ウルトラデータLパックTM」と毎月30GB使える「ウルトラデータLLパックTM」をそれぞれ2016年9月14日(水)より提供を開始します。

家族で100GBが使い放題!?

NTTdocomoは、料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」に大容量パケットパックに「ウルトラパック」を追加。この「ウルトラパック」は個人向けと家族向けがあり、ライフスタイルに合わせて料金プランを選べます。

個人向けは「ウルトラデータLパックTM(20GB/月額6,000円)」「ウルトラデータLLパックTM(30GB/月額8,000円)」の2種類のプランを用意。こちらはソフトバンクやKDDIの定額サービスと同じようなものになります。2016年9月14日(水)から提供

家族向けは、データ容量をシェアできる「ウルトラシェアパック50TM(50GB/16,000円)」「ウルトラシェアパック100TM(100GB/25,000円)」となっています。

また、法人向けのプランも用意し、家族向けと同じように毎月データ量をシェアできる「ウルトラビジネスシェアパックTM50」「ウルトラビジネスシェアパック100」を提供。

家族向け、法人向けどちらも2016年9月23日(金)提供されます。

「ウルトラパック」の提供開始にともない、2016年9月22日(木)をもって「データLパック」「シェアパック20」「シェアパック30」「ビジネスシェアパック20」「ビジネスシェアパック30」の新規申し込み受け付けを終了します。

割引で安く使える!

「ウルトラパック」は長期間利用していればいるほど割引される金額が増える「ずっとドコモ割」が適用されます。例えば、15年以上docomoを利用している方は「ウルトラデータLパック(20GB)」が月額5200円で利用できます。

また「ドコモ光」に契約している場合は「ずっとドコモ割」に加えて、最大毎月3,200円の割引に

翌月繰り越し、テザリングも

余ったデータ容量は翌月に繰り越すことが可能です。無理して20GB、30GB使わなくても翌月に繰り越せるのはありがたいですね。

また、スマートフォンをアクセスポイントにできるテザリングは、月額1,000円必要ですが、2018年3月末まで無料で利用できます。

3社のサービスが出そろう

NTTdocomoが大容量プランを発表したことにより、キャリア3社それぞれ大容量定額サービスが出そろいました。それぞれのサービスの料金を見ると、大きな違いはありません。

そのため、現在キャリア3社のどれかのスマートフォンを使っている方は、MNPや乗り換えを行うより同じ会社でサービス、プランを切り替えるほうがいいでしょう。