はじめに

インターネット上には無数の情報が氾濫しています。

複数のブログやツイッターで同じ事が書かれている為、本当の話かと思いきや、実は全部、同じ発信源経由のガセネタだったと言うような事もしばしばです。

では、ガセネタじゃない、信頼できる情報発信源サイトとはどこなのでしょうか?

比較的信用できると思われるサイト

公式ホームページ

何の情報にせよ、その情報を取り扱っている公式サイトの情報が一番間違いありません。商品概要だろうと、有名人のスケジュールだろうとです。

ただし、公式サイトは、タイミングを見計らって、最新情報を公開する為、別のニュースサイトなどの方が特ダネをすっぱ抜いて、先に紹介してしまうような事も少なくありません。

そのサイトの主催者自体が詐欺や悪徳商法でしたら、そのサイトの情報が一番ウソだらけという可能性もありますので、詐欺疑惑を調べるような時は公式サイトを信用してはいけません。

ウィキペディア

公式サイトでなくても、書かれた情報にそうとうの信頼性があるのがウィキペディア(wikipedia)です。

ウィキペディアの本来の目的は「ユーザーも協力して、世界最大のオンライン百科事典を作ろう」と言うものなのですが、最新情報がすぐに追加されてゆく為、最新情報の回収場所としても最適のサイトとなっています。

しかも、正確な百科事典を目指しているので、あやふやな情報に対しては再チェックして、場合によっては削除するシステムも整っているのです。
この正確なデータの重視ゆえ、未来の予定(未確定情報)の詳細は掲載されないと言う欠点があります。また、ネタばれを防ぐ意味で、わざと重要な情報が記されてない場合もあります。

個人運営の専門サイト

意外と信用できるのが、一般人が趣味で運営している専門サイトです。

特定のネタだけを詳しく説明しているのですが、本人自身がそのネタを愛好しているだけに、かなり正確なネタを掴んでいますし、ニセ情報を悪意で流すような事もしていません。

公式サイトも無ければ、ウィキペディアにも相手にされないような特殊な情報を調べたい場合には重宝します。メジャーな話題に関しても、正しい最新情報をすぐに引っ張ってきてくれますので、色々な意味で頼もしいサイトだと言えます。

おわりに

もしガセネタに振り回されない自信があって、より最新で極秘で特殊な情報をお探しでしたら、ぜひ2チャンネルを覗いてみてください。

巨大掲示板の2チャンネルは、まさに皆が好き放題を書きまくりの場所で、ウソや推測情報の巣窟なのですが、そんな中に、たびたび超最新のレアな正確な情報が書き込まれている事もあります。

ウソ情報だらけと知っての上で、その中から真のレア情報を探す事もまた、なかなか珍妙な楽しみ方かもしれません。