このライフレシピはWindowsパソコン初心者のための記事です!

はじめに

パソコンを使っていていろいろな文書を入力しているとどうしてもうまく変換されない単語が出てきます。そんなときはパソコンに単語登録を行うことで次からは変換候補として表示をしてくれるようになります。

また長い単語を短いよみで単語登録することで文字入力の効率化を図ることを行うこともできます。

やりかた

まず下図のような言語バーと呼ばれる部分の「ツール」ボタンをクリックし、「単語の登録」をクリックします。

言語バーはデスクトップ上にあるかタスクバーに収納されているかのいずれかの場合があります。

「単語の登録」画面が表示されますので単語の部分に変換候補として登録を行いたい文字を入力します。またよみの部分にはその単語のよみを入力します。

今回は単語に定型文を入力し、よみは「あいさつ」としました。品詞についてはこの場合は「短縮よみ」になりますのでそちらにチェックをいれました。

以上を入力し「登録」をクリックします。

それではメモ帳を起動して実際に単語登録ができたかを確認してみましょう。

メモ帳を起動し「あいさつ」と入力し変換を行うと・・・

変換候補に先ほど登録した定型文が表示されましたね!

関連記事

言語バーが消えた時に再表示する方法
パソコンで郵便番号を入力して住所に変換する方法